伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」 裏ワザ 『呪術返し』
 

伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」

小説、エッセイ、画塾

cinamon B 飛行船シルフィ― cinamon

裏ワザ 『呪術返し』


 新年早々アレですが、アレをつかっての呪術封じのお話を一つ。
 暮れに関わった遺跡調査で現場の現況は牛糞捨て場だった。酷いもので、数十センチの厚みをもった地層になっていた。立ち入るときの揉め事と解決の経緯は、先述したのでここでは省くとしよう。大きな糞の塊といえば、思い出すことがある。
 数年前、眼底出血を起こした私は、十二月から以前勤めていた会社を休んで、一か月ほど療養していた。そのうちに、務めていた会社が倒産し、新年になってからは別な会社に再就職することになった。年明があけての初夢は、煉瓦状・固形をなした糞を、靴と靴の間に挟むというものだ。目覚めてみれば嫌なものだ。何か意味があるのか調べてみると、逆に縁起が良いではないか。

 ――財をなす。あるいは健康を回復する。


 カルトな辞書をひけばそう書いてある。財こそは、なせなかったものの、なるほど、一月期に病院で診察を受けると眼底出血は収まり、悪化した持病は回復にむかっていた。糞尿は汚物であるのだが、呪術アイテムとしては、そう悪いものではないらしい。
 日本の古代に書かれた『古事記』において、岩戸を開けて黄泉の国に降りた神王イザナギは、王妃イザナミを迎えにいったのだが、身体はすでに朽ち果てて、映画『バイオハザード』にでてくるような瘴気(しょうき)まき散らす邪神と化していた。黄泉の国から現世に這いだしたイザナミは、ゾンビ軍団を引き連れ、神王イザナギ後を追った。イザナギも黙ってはいない、逃げながら、「死」に対して「生」を意味する聖果実・桃の実をそやつらめに投げつける。桃の実がなにゆえ「生」を意味するかといえば、生命が生まれてくるところである女体の陰裂に似ているからだ。敵がたじろいでいる間に、神王イザナギは逃げて排泄し、糞尿を全身に塗りつける。ここで被膜のようにまとわりついた呪い「けがれ」がピークに達した。そしてゴールである川で沐浴をして、不浄な糞尿とともに、すべてを洗い流し、邪神を振り切り逃げ切ったというわけだ。
 時代は下り中国に舞台を移す。海賊が沿岸を荒しまわっていた明代のことだ。とある城壁に囲まれた町・城市の周囲は海賊の大軍に包囲されていた。海賊たちは近隣から若い娘をひっさらい、服の裾をまくりあげ剥き出しになった尻を堀一重むこうの城壁側にむけ放尿しろとと命じた。対する、城側は、乙女の有志を募って城壁上に全裸で逆立ち開脚させ、逆に海賊どもがいる城外にむけて放尿させる。慌てた海賊は、城の囲みを解いて退却を始めた。

 ――前者の『古事記』はともかく、後者の対海賊籠城戦のエピソードは、史実だというから恐れ入ったものだ。


 暮れから新年にかけて、首都圏に住む叔母の夫妻が実家を訪ねてきた。子供がいないので柴犬を飼っている。座敷犬だ。こやつがきて第一にしたことは、台所前の廊下にある敷物の上で糞をしたことだ。夫妻は謝ったのだが不快感は収まらない。叔母夫婦が帰る前夜、歩いてこれる距離にいる叔父が訪ねてきた。
 叔父は年をとっており、大酒を呑んでいたことで痛風を患い、足が不自由になっていた。しかし夫人が病院暮らしをしていることと、娘たちが新年に来なかったことで異常に寂しがり、叔母がいるというので、実家に押しかけてきた。それはよいのだが、皆、たしなむ程度で深酒をしない。故人である父がよく相手をしたのだが、私は相手をせずに、母や叔母夫婦に相手を任せ、自室に引っ込んでいた。叔父には、私のヱビスビールが振る舞われ、冷蔵庫にあった四缶全部空けられた。なくなったので、叔母に頼まれ車でコンビニまで、追加の酒を買いにゆく。その間に、彼は酩酊失禁した。居間・トイレ・廊下……あらら。叔母は叔父を家まで送り、二人いる嫁いだ彼の娘に電話して後事を託した。
 犬より酷い叔父の不始末。新年の魔除けとしては上出来なのだが……。

  了

スポンサーサイト

theme : ミステリ
genre : 小説・文学

line

comment

Secret

line
line

line
Google ペイジランク
ページランク-ナビ
line
奄美剣星
line
文鳥貴族
文鳥貴族
line
最新記事
line
「怪盗めろん」

 

line
「文鳥王トリスタン」
 
line
ブクログ
line
小説家になろう
line
amazon書籍
line
アルパカ版の恋太郎です
line
映画『副王家の人々』より
副王家の一族 
line
イアリング
 ekubo
line
チャイナドレス
chainadoress
line
ポーズ
sofa
line
魯迅記念博物館
inu
line
陽だまりの乙女
usagi
line
裸婦
うつぶせのジャスミン
line
sakasu
line
打ち上げ花火をあげられる四季の風景時計
line
PC広告Amazon
line
テーブルと椅子
椅子3   
line
sub_line
プロフィール

奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)

Author:奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)
1930年前後の歴史推理小説 シナモンと素敵な旅をどうぞ

line
ranking 1
 
line
ranking 2
人気ブログランキングへ
line
置手紙
おきてがみ     
line
Twitter ぼたん
Sweetsman7をフォローしましょう
line
レッドバロン
line
検索フォーム
line
QRコード
QRコード
line
所収作品について
文献・画像等引用の場合は引用元を記載。自作小説倶楽部作品著作権は各著者に帰属。それ以外の文藝作品・絵画写真画像に関する諸権利は当該ブログ管理人に帰属。無断複写転載を禁じます。
line
カジュアルのシナモン
シナモンアップ 
line
リンク
line
マラッカ要塞
marakka
line
珈琲館の割れ甕
城南
line
地図
line
草原の乙女
sougenn
line
バー
eruhurio  
line
海へ行こう
umiheyuku2
line
祖母
  umiheyuku 1
line
洗い髪
araigami
line
癒しの音楽
line
sub_line