伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」 掌編/僕のボーイフレンド
 

伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」

小説、エッセイ、画塾

cinamon B 飛行船シルフィ― cinamon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

掌編/僕のボーイフレンド


 掌編/僕のボーイフレンド
.

 この手の話だとつきもののミッション系の学園。僕は、そういうところに通っていた。リュウ君と出会ったのは幼稚園で、彼は二年年長。実家の近所に住んでいた。川岸竜太郎、やたらに色白の少年で、ちょっと、のっぽだった。リュウ君と僕は呼び、彼は僕をケン君と呼んでいた。
.
 校舎はバンガロウのような造りで、木造建築だ。柱やら梁には天使が彫ってある。どういう様式なのかは判らないが、だいぶ、和風アレンジされた洋館であったことは覚えている。二階だてで、上の廊下には欄干がついていた。学校ではそれぞれ級友と遊んだのだが、家に帰ると、二人で、近くにある雑木林なんかを探検したものだった。
.
 リュウ君は、近所にある屋敷の中に住んでいた。屋敷は五百坪ほどある。とはいっても実家の隠居屋で、そこに仮住まいしていたのだ。寄棟平屋で三間ある。母親は離婚したてで実家に帰っていた。母屋にはリュウ君祖父がいた。祖母はすでに他界していた。その祖父は昨今、病気となって入院していた。ときどき、母親は介護にゆくのだが、息抜きすることも忘れなかった。
.
 日曜日。午前中はミサにゆく。午後になると、母親は、「あの人、あなたの義父さんになるかもよ。大事なお話をするから、外で足んでらっしゃい」といって、リュウ君を外へ追い出した。
.
 ある日、リュウ君の家にゆくと、獣のような咆哮が訊こえてきた。親の同衾を垣間見た幼児はトラウマになるらしいことを、僕は後に知ることになる。だが彼の反応は冷めたもので、「母さんも女だから……」と苦笑した。こういうところは、やたら、大人びていた。
.

.
 子供というのは、大人の様子を観察して、真似てみたがるものだ。子供部屋のベッドで僕らは、裸になった。蝶ネクタイのシャツも、半ズボンも、ブリーフも互いに脱がしていたのだけれどもなぜだか、ハイソックスだけは脱がないでいた。ホモセクシャルというほどのものではないが、文字通りの真似事、一種の実験だ。胸をすり合わせたり、脚をからめたりした。
.
 鼻を突き合わせるほどに間近で彼を観察してみる。双眼は切れ長で、まつ毛が長い。眉は細く、唇は肥厚し、紅を塗ったような色をしていたことを記憶している。無駄な筋肉というものがついていない年齢で、肌がきめ細かい。そう、絹のような感触があった。
.
「あのさ、目を閉じてみて。こういうときって、そうするみたい」
.
 いわれるままに目を閉じてみると、リュウ君は、唇を重ねてきた。さらに舌先を中に入れてきた。甘い果物のような香りがする。二人して飴を舐めたからだ。
.
「フレンチキスっていうんだってさ」
.
「キスは唇を重ねるだけだけど、フレンチキスは舌をいれるんだって」
.
 なんでそんなことを知っているのだ。僕が成長してから考えても、いまだに謎だ。
.
 二人の心臓が、どきどき、しているのが判る。僕らは、互いの胸に耳を当て、音を聴いて笑った。リュウ君の乳頭や乳輪は小さい。色がやたら白いのが気になった。
.
 リュウ君との別れは唐突だった。夏休みに入る直前、それはちょうど仲たがいの最中だった。理由というのは、学校から僕が帰ったとき、直に彼の家を尋ねると、級友がいて、これから昆虫採集にゆくところで、僕を邪険に扱い追い返したことだった。「今日は彼が訪ねてきたからね」といえば済むことだが、そのあたりは、まだ大人とは違う。
.
 腹をたてた僕は、以降、彼が訪ねてきても追い返した。彼の母親が一緒で、許しを請いもしたのだが、許さないのは、子供じみた頑固さからだった。そして夏休み……。
.

.
 七月末。僕はそのころまでに宿題を片付けて、絵本なんかを読んでいたのだと思う。母が、戸惑うような顔をして部屋に入ってきて、しばらく、顔を眺めた。スヌーピーの目覚まし時計の針をみると、二分間沈黙し、どうにか口を開いた。 
.
 それで、リュウ君の急死を告げたのだった。彼は母親と海水浴にいった。母親が、海の家でソフトクリームを買っている隙に、波間にゆき、強い潮に引かれて、そのまま沖合に流されて溺れたのだという。
.
 通夜・葬儀・そして、火葬。火葬場では、扉の閉まった蓋があって、そこからレールがこっちにむかって延びている。鉄板みたいな台座に載かっているのが棺だ。僕は母に抱かれて、リュウ君の死に顔をみた。もともと、白い顔の彼がもっと白くなっていた。蒲団の上には花々が散りばめられ、頭には銀色の折り紙で作った冠を被せられていた。やがて扉が開き、リュウ君の棺を載せた台座はレールを滑って窯の中へと消えていった。暗いというか深淵というべき入口。戻ってくるときはもう骨になっている。
.
 母はそこまで僕にみせたくなかったらしく、待たせていたタクシーで家に帰った。その途中、彼の従妹にあたる女の子が、「リュウ君、煙になっちゃった」とつぶやいてべそをかいているのが訊こえた。火葬場の煙突から煙があがっていた。水色の空へ、黒い煙が溶けてなじみ、なくなった。
.
 涙というものがでなかった。ただ、タクシーの後部座席で口を、ぽかん、とあけて、煙の行方を追っていた。
.

.
 後日談といえば、そう、リュウ君の夢をたまにみることだった。決まって彼の誕生日と命日だ。実家の門のところにあるケヤキの木がなぜか倒れていて、その上で、僕らはひとしきり遊んだ。やがて黄昏どきなる。すると手をふった彼がいなくなるのだ。五年ばかりそういう夢をみたものだ。
.
 学校帰り、リュウ君の母親が、病院帰りの祖父を載せて散歩していて、すれ違うとき毎度のように、「ケン君、いくつになったの?」といって目を細めたものだった。僕の成長を、故人となった息子に重ねて、想像しているのだろう。恋人とはけっきょく上手くゆかなかったようで、再婚はしないでいた。
.
 リュウ君の死からから十年以上の歳月が流れた。僕は大学に進学し上京し文芸サークルに入った。その夏はどういうわけだか、郷里の浜で合宿することになった。渚の海水浴場でテントを張り、キャンプファイアーして、先輩にビールを紙コップつがれ、したたか酔った。翌日は酷い二日酔いで、水着のまま、波打ち際で大の字になって眠っていた。
.
 すると、波のむこうからサーファーがやってきて、寝ている僕のところに立った。手をだしたので半身を起こした。サーファーのくせに色がやたらと白い。背の高い若者だった。すぐに彼がリュウ君の成長した姿だと判った。僕はサーフボードを小脇に抱えた彼に手を引かれ、彼と走って海水に浸った。サーフィンを教えてやるよという雰囲気だったのだが、違った。腰まで海水につかったあたりで彼は立ち止った。
.
「残念ながら時間がきた。またいつか。じゃあ、ここで……。楽しかったよ。送ってくれてありがとう」
.
「?」
.
 太陽がまぶしい。寝ていた僕は目が覚めた。キャンプが終わると、ホンダの白い軽自動車を運転して母が迎えにきた。湘南を真似たビーチラインを車が走ってゆく。
.
「リュウ君って覚えている? ここで溺れて死んだんだ。今頃だったかな……」母は目を細めていった。
.
 それから彼の夢はまったくみていない。

.
.
.

 (了)
 


(いつもの掌編小説^^ 関係する人物はすべて架空の存在です)

スポンサーサイト

theme : ミステリ
genre : 小説・文学

line

comment

Secret

line
line

line
Google ペイジランク
ページランク-ナビ
line
奄美剣星
line
文鳥貴族
文鳥貴族
line
最新記事
line
「怪盗めろん」

 

line
「文鳥王トリスタン」
 
line
ブクログ
line
小説家になろう
line
amazon書籍
line
アルパカ版の恋太郎です
line
映画『副王家の人々』より
副王家の一族 
line
イアリング
 ekubo
line
チャイナドレス
chainadoress
line
ポーズ
sofa
line
魯迅記念博物館
inu
line
陽だまりの乙女
usagi
line
裸婦
うつぶせのジャスミン
line
sakasu
line
打ち上げ花火をあげられる四季の風景時計
line
PC広告Amazon
line
テーブルと椅子
椅子3   
line
sub_line
プロフィール

奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)

Author:奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)
1930年前後の歴史推理小説 シナモンと素敵な旅をどうぞ

line
ranking 1
 
line
ranking 2
人気ブログランキングへ
line
置手紙
おきてがみ     
line
Twitter ぼたん
Sweetsman7をフォローしましょう
line
レッドバロン
line
検索フォーム
line
QRコード
QRコード
line
所収作品について
文献・画像等引用の場合は引用元を記載。自作小説倶楽部作品著作権は各著者に帰属。それ以外の文藝作品・絵画写真画像に関する諸権利は当該ブログ管理人に帰属。無断複写転載を禁じます。
line
カジュアルのシナモン
シナモンアップ 
line
リンク
line
マラッカ要塞
marakka
line
珈琲館の割れ甕
城南
line
地図
line
草原の乙女
sougenn
line
バー
eruhurio  
line
海へ行こう
umiheyuku2
line
祖母
  umiheyuku 1
line
洗い髪
araigami
line
癒しの音楽
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。