伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」 第1章01/猫探偵アンジー 『ボディーガード』
 

伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」

小説、エッセイ、画塾

cinamon B 飛行船シルフィ― cinamon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

第1章01/猫探偵アンジー 『ボディーガード』


   第1章 小さなボディーガード

 風間淳。猫は人間だったとき、そう呼ばれていたことを記憶している。豹柄の毛並。耳は大きく立っていて尻尾が長い。目はアーモンドのような形をしている。エジプシャンマウって種だ。アメリカの誰だかが、エジプトでみつけた猫をかけあわせたもので、葬祭神殿の障壁画に描かれるのに近い感じの奴だ。

 淳は、ある事件に巻き込まれて命を落とした。死んだはずなのだが、なぜだか歩ける。ただし四脚でよたよたした足取り。そう、猫に生まれ変わっていたのだ。たどり着いたというべきか、帰ったというべきか、自分のいた家の玄関にきていた。

 咲きかけた紫陽花が、強風に、煽られていた。

 梅雨どきの嵐の夜だった。仔猫が玄関の前に座って、震えていた。あと三十分遅かったら死んでいただろう。悶絶しかかったとき、温もりを感じた。猫は、彼女を記憶していた。渡辺葵。そう猫が人間であっとき、同棲していた女性だった。

 葵は仔猫を介抱した。洗面器の湯で温め、タオルで拭いてやり、ドライアーで乾かす。それから温めたミルクをスプーンですくって、飲ませてやった。恋人を失って寂しかったのだろう。彼女は猫に話しかけた。
「男の子ね。私いま、一人なんだ。よかったらウチの子にならない? 君はアンジー。これからそう呼ぶわ」

 一方的な話しだ。もっとも、作家が自分につけるペンネームと違って、本名というのは親族・保護者筋につけられるものだ。

(アンジー? センスないな。しかし状況が状況だ。甘んじて受けるとしよう)

 渡辺葵は交通事で両親を亡くしているので家族はいない。四部屋ある二階建てベランダ洋式の洋館に住んでいる。芝生の庭がある。いまのところ、親が残した財産を切り崩して生活している二十歳になったばかりの女子学生だ。 ショートヘアでブラウスとジーンズが似合う。休みの日には庭いじりをしている。英国風ガーデニングに憧れて、小遣いをはたいては、せっせと薔薇の垣根なんかをこしらえる。そんな娘だ。

 アンジーはいつも彼女のそばにいた。買い物のときも、前になり後になり、ついてきた。商店街でも、「ペット持ち込み禁止です」といった、やかましいことはいわない。他の客も、「アンジーちゃんは、すっかり葵さんになついているのね。お母さんだと思っているのよ、きっと」なんていっている。

 猫のいい分は違う。

(葵はドジでお人よし。俺が守ってやらないと駄目なんだ)

 葵は、魚屋で鮭の切り身を買った。戻って厨房に入ると自分が食べるのを焼き魚にし、アンジーのは生のままにして皿に盛ってだした。そんな風に、女子学生と仔猫の穏やかな日々が続いた。

 鼻先と顎に物差しをあててみるといい。欧風の美女であれば唇がつかないはずだ。葵の唇はめくれあがっているのだが、黄金ラインにそれがつかない。目はパッチリしていている。彼女はまさにそういうタイプで、近所でも評判の美女だ。一人で暮らしているものだから、いい寄ってくる悪い男も多い。仔猫の成長は早い。アンジーは、いつの間にやら、葵の知らぬところで、パトロールをするようになっていた。

(つづく)


スポンサーサイト

theme : ミステリ
genre : 小説・文学

line

comment

Secret

line
line

line
Google ペイジランク
ページランク-ナビ
line
奄美剣星
line
文鳥貴族
文鳥貴族
line
最新記事
line
「怪盗めろん」

 

line
「文鳥王トリスタン」
 
line
ブクログ
line
小説家になろう
line
amazon書籍
line
アルパカ版の恋太郎です
line
映画『副王家の人々』より
副王家の一族 
line
イアリング
 ekubo
line
チャイナドレス
chainadoress
line
ポーズ
sofa
line
魯迅記念博物館
inu
line
陽だまりの乙女
usagi
line
裸婦
うつぶせのジャスミン
line
sakasu
line
打ち上げ花火をあげられる四季の風景時計
line
PC広告Amazon
line
テーブルと椅子
椅子3   
line
sub_line
プロフィール

奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)

Author:奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)
1930年前後の歴史推理小説 シナモンと素敵な旅をどうぞ

line
ranking 1
 
line
ranking 2
人気ブログランキングへ
line
置手紙
おきてがみ     
line
Twitter ぼたん
Sweetsman7をフォローしましょう
line
レッドバロン
line
検索フォーム
line
QRコード
QRコード
line
所収作品について
文献・画像等引用の場合は引用元を記載。自作小説倶楽部作品著作権は各著者に帰属。それ以外の文藝作品・絵画写真画像に関する諸権利は当該ブログ管理人に帰属。無断複写転載を禁じます。
line
カジュアルのシナモン
シナモンアップ 
line
リンク
line
マラッカ要塞
marakka
line
珈琲館の割れ甕
城南
line
地図
line
草原の乙女
sougenn
line
バー
eruhurio  
line
海へ行こう
umiheyuku2
line
祖母
  umiheyuku 1
line
洗い髪
araigami
line
癒しの音楽
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。