伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」 映画 『赤い高粱』 1987年
 

伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」

小説、エッセイ、画塾

cinamon B 飛行船シルフィ― cinamon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

映画 『赤い高粱』 1987年

映画『赤い高粱』1987年 

 原作者の莫言は、先日、2012年のノーベル文学賞受賞者となった。彼の原作を映画にしたのが、原題『紅高粱』、日本名『赤い高粱《こうりゃん》』だ。映画『赤い高粱』は、『芙蓉鎮』が評判となっているころで、NHKの中国映画シリーズのような時間帯があり、視聴した。
 1920年。中国山東省にある広大な田園地帯が舞台だ。貧しい家の美少女・九児は、ロバ一頭と引き換えに、ライ病患者である老人のところに嫁ぐことになった。輿に乗せられての嫁入りだ。その途中、強盗団に襲われるのだが、輿の担ぎ手の一人だった余という男に救われた。実はこの余というのが強盗団の頭目である。嫁ぎ先は造り酒屋で裕福である。強盗団は二度目、少女を乗せた輿を襲撃。高粱畑の中で二人は肉体関係をもつ。
 少女九児が嫁ぐと嫉妬した余は、造酒屋主人を殺し情夫の座に収まる。二人の間に子供豆官が生まれ、平穏な日々が続くのだが、そこに日本軍が進行してくる。ゲリラ部隊を組織した九児と余は軍輸トラックと交戦、九児は戦死し、余と息子の二人は生き残る。
 夕暮れどき累々たる戦死者たち。呆然とする余、泣きもせず送り唄をする幼い息子・豆官の対比が印象的だった。
 歴史ものであるのだけれど、一種のダークファンタジーとして観てもよいような気がする。

張芸謀監督、顧長衛撮影、趙季平作曲。1988年ベルリン国際映画祭金熊賞受賞。

 
 
 莫言作品は体制派と香港などから冷たい声もあるとかないとか。まあまあそういわず、いい作品だと思いますよ。さて同賞で、最有力候補といわれたのが、われらが村上春樹。『ノルウェーの森』は、『いちご白書』『卒業』のような青春ものを漂わせてはいるものの、まあ、エロ本ですからねえ。それにしても、この人の作品の読者層である彼の地の学生たち・青春エナジーの矛先が皮肉にも現地日本企業に……。(汗)
スポンサーサイト

theme : ヒトリゴト
genre : 小説・文学

line

comment

Secret

line
line

line
Google ペイジランク
ページランク-ナビ
line
奄美剣星
line
文鳥貴族
文鳥貴族
line
最新記事
line
「怪盗めろん」

 

line
「文鳥王トリスタン」
 
line
ブクログ
line
小説家になろう
line
amazon書籍
line
アルパカ版の恋太郎です
line
映画『副王家の人々』より
副王家の一族 
line
イアリング
 ekubo
line
チャイナドレス
chainadoress
line
ポーズ
sofa
line
魯迅記念博物館
inu
line
陽だまりの乙女
usagi
line
裸婦
うつぶせのジャスミン
line
sakasu
line
打ち上げ花火をあげられる四季の風景時計
line
PC広告Amazon
line
テーブルと椅子
椅子3   
line
sub_line
プロフィール

奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)

Author:奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)
1930年前後の歴史推理小説 シナモンと素敵な旅をどうぞ

line
ranking 1
 
line
ranking 2
人気ブログランキングへ
line
置手紙
おきてがみ     
line
Twitter ぼたん
Sweetsman7をフォローしましょう
line
レッドバロン
line
検索フォーム
line
QRコード
QRコード
line
所収作品について
文献・画像等引用の場合は引用元を記載。自作小説倶楽部作品著作権は各著者に帰属。それ以外の文藝作品・絵画写真画像に関する諸権利は当該ブログ管理人に帰属。無断複写転載を禁じます。
line
カジュアルのシナモン
シナモンアップ 
line
リンク
line
マラッカ要塞
marakka
line
珈琲館の割れ甕
城南
line
地図
line
草原の乙女
sougenn
line
バー
eruhurio  
line
海へ行こう
umiheyuku2
line
祖母
  umiheyuku 1
line
洗い髪
araigami
line
癒しの音楽
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。