伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」 第2回/遺跡調査班黒騎兵 『映画館』
 

伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」

小説、エッセイ、画塾

cinamon B 飛行船シルフィ― cinamon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

第2回/遺跡調査班黒騎兵 『映画館』

映画館
 映写機は、闇を貫いて一条の線を放ち、銀幕にセピアに変色した白黒報道画像を映し出した。字幕には、「一九五四年二月一日、東京国際空港」と書かれている。滑走路に降り立ったボーイング三七七旅客機のタラップから降りてきた金髪の女優が、大観衆に向かって投げキッスした。
   ☆
 本編が始まった。監督ビリー・ワイルダー、主演マリリン・モンローの『七年目の浮気』のリバイバルだ。
出版社に勤務する中年男がアパートに住んでおり、妻子が旅行に出かけた隙に、上階に住む美女を部屋に招く不倫ものだ。白いドレスを来たその人が、路面にある地下鉄通気孔上をまた業としたとき、風が吹き上がって、スカートがめくれ上がった。悩ましげな視線を客席に投げかけ、前を押さえた。「わおっ、猛烈うっ!」
 観客たちが一斉に声を上げる。映画研究会に在籍していた土岐弥生(ときやよい)は、男女ともにいる仲間達五人と一緒に歓声をあげた。弥生は華奢な眼鏡をつけた少女である。ショートヘアにリボンをつけている。丸顔で大きな目、唇は少しめくれあがっている。成績は学年上位にいるのだが、どちらかといえば目立たない。
地方都市海猫町。映画館「シネマ海猫」には劇場が二つある。そこの一室から満足そうな顔をした客の群れが黒と赤のキュービック柄をした扉を開けて出てきた。カウンターのある待合室には、売店があり、扉で開閉する自動販売機があった。
 栓抜きで蓋を開け、胴のくびれたコーラ瓶を手にした弥生が腰に手を当てて一気に喉に流し込む。二人は長椅子に座った。弥生はB5サイズのスケッチブックに、あの、モンローがスカートを押さえるシーンを描いた。ポーズや表情の細部に至るまで弥生は記憶しているらしい。そういったものを、鉛筆一本で忠実に再現したのだ。周りにいた仲間たちがのぞきこんで感心した。
「こんなに細かく、よく憶えていられるんだね!」
「訓練すれば出来るよ」
「私でも出来るかなあ?」
「十年くらいやれば――」
「働いて、カメラを買うことにする」
 仲間たちが笑った。
    ☆
映画館は箱型をしている。くすんだ白いモルタル二階ビルだ。玄関を出ると、赤鳥居と祠があった。
国道と交差するメインストリートをしばらく北に歩くと駅になる。両サイドは紅白の天蓋で覆った商店街だ。楽器屋、靴屋、洋服屋、喫茶店。映研の仲間たちは本屋に入ろうとした。緑の旗を誘導員が立つ横断歩道の前あたりだ。
 通りを走る自動車は流れが悪い。道路を挟んだ反対側のアーケードを颯爽と歩く若い女性の姿があった。切れ長の目をしていた。青いリボンのついた帽子、カーデガン、スカート、白い装いだ。
「麻胡先生!」
 皆で手を振ると、その人がこちらをみた。通りを突風が吹き抜ける。スカートがめくれ上がる。若衆四人を乗せたオープンカーが電柱にぶつかる。後続車四台が追突し、たちまち渋滞をつくった。事故車を尻目に、その人が横断歩道を渡ってきた。
「こら、男子ども、みた?」
「女子全員で目隠ししましたので、みえませんでした」
「いい子、いい子……」
 麻胡先生は女子たち頭を撫でた。(わあい!) その中にいた弥生は彼女の騎士になったような感じで、ご満悦となった。弥生は理不尽に思った。パトカーのサイレンが訊こえてきた。桜の花びらが三枚、四角いコンクリートブロックを敷いた歩道を駆け抜けた。


スポンサーサイト

theme : ミステリ
genre : 小説・文学

line

comment

Secret

line
line

line
Google ペイジランク
ページランク-ナビ
line
奄美剣星
line
文鳥貴族
文鳥貴族
line
最新記事
line
「怪盗めろん」

 

line
「文鳥王トリスタン」
 
line
ブクログ
line
小説家になろう
line
amazon書籍
line
アルパカ版の恋太郎です
line
映画『副王家の人々』より
副王家の一族 
line
イアリング
 ekubo
line
チャイナドレス
chainadoress
line
ポーズ
sofa
line
魯迅記念博物館
inu
line
陽だまりの乙女
usagi
line
裸婦
うつぶせのジャスミン
line
sakasu
line
打ち上げ花火をあげられる四季の風景時計
line
PC広告Amazon
line
テーブルと椅子
椅子3   
line
sub_line
プロフィール

奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)

Author:奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)
1930年前後の歴史推理小説 シナモンと素敵な旅をどうぞ

line
ranking 1
 
line
ranking 2
人気ブログランキングへ
line
置手紙
おきてがみ     
line
Twitter ぼたん
Sweetsman7をフォローしましょう
line
レッドバロン
line
検索フォーム
line
QRコード
QRコード
line
所収作品について
文献・画像等引用の場合は引用元を記載。自作小説倶楽部作品著作権は各著者に帰属。それ以外の文藝作品・絵画写真画像に関する諸権利は当該ブログ管理人に帰属。無断複写転載を禁じます。
line
カジュアルのシナモン
シナモンアップ 
line
リンク
line
マラッカ要塞
marakka
line
珈琲館の割れ甕
城南
line
地図
line
草原の乙女
sougenn
line
バー
eruhurio  
line
海へ行こう
umiheyuku2
line
祖母
  umiheyuku 1
line
洗い髪
araigami
line
癒しの音楽
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。