伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」 第13回/ジーン侯国志
 

伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」

小説、エッセイ、画塾

cinamon B 飛行船シルフィ― cinamon

第13回/ジーン侯国志

 外道の魔道士との戦いの翌日、ハーンは叔母の嫁ぎ先で昼まで眠った。目が覚めるて中院にでてみると、口髭の公子ネェジェラが、公女アズキャラズと話をしているのが目に入った。二人は従兄妹《いとこ》の関係にある。陽射しのため闇中ほど鮮明ではないが、二人の『応龍《スナーハ・ダギリナ》』の指輪に埋め込まれた宝石が、それぞれ閃光を放っているのが判る。
 二人の公族は、若い近衛士官が、部屋の戸口に立っているのに気づいた。
「ハーン。国法は存じておろう。公女が嫁す場合、大貴族以上であらねばならぬ。大臣・将軍級であらねばならぬのだ」
「破談ですか? 本来、公女殿下は蜘蛛の上のお方、こうなることも考えてはおりました――」
 アズキャラズがみつめていたので、ハーンは視線をそらした。
「寡人は二人の仲を引き裂くような無粋な趣味はない。ただ物事には手順というものがある。地道に手柄を立ててゆき位階を上げて行けと申しておるのだ。ところで、ハーンよ。従軍経験は?」
「いくつかありますが、大きなものではティア戦争に参加しております」
 ティア戦争は、大陸中原《ヨシンヌ》の覇権をかけた三次にわたるジーン侯国対ファア王国の大戦である。彼がいっているのは第一次ティア戦争だ。
 第二次ティア戦争で、ジーンに圧勝した「眠《ノエマ》れる大鳥《パーレルケ・ミーエフ》」ファア王国のユンリイ大王。彼の祖父がルート王である。一時は中原を席巻し、まさにズウ帝国に取って代わる寸前までいっていた。これに待ったをかけ撃破したのがウェン大公という。口髭の公子ネェジェラの祖父で、ジーン侯国中興の祖といわれる人だった。初陣間もなく、ハーンは什長という徒士十人を率いる下士官として第一次ティア戦争に従軍していた。この大戦は語り草で、一兵卒といえども従軍した者は、当時の人士に一目置かれた。
「そうかそうか、ティアに行ったのか? 卿は運がよい。近衛士官は百人隊長の資格があるそうだな。まずはアズキャラズ救出と外道の道士を倒した功績を加えて、侍従長・千人隊長の資格を与えよう。励め」
 将領と呼ばれるには戦車百乗徒士一万の軍勢を率いる資格を要する。道のりはまだ遠い。
なお、問題の『聖匙』であるが、一度公子ネェジェラが検分した後、ティアの女道士ダナナラスが厳重な魔法封印をし、本来の保管者であるクイントスに返還された。
 ジーン侯国では実権を握る大臣ボサーラ卿がおり、傀儡になるのでもなければ一戦を交えることが不可避となろう。農繁期を避けた徴兵の関係で、公子の帰還は三か月後になる予定だ。

 口髭の公子ネェジェラは帰国するための準備に忙しい時間を割いて、ハーンを官僚・士官養成所である侯国学問所《ハジド》に遊学するように取り計らった。田舎貴族の家臣であったクイントスも、士官の資格で入学を許可された。
 科目は、机上戦と、地上演習が主体となる。机上戦は、地形を略図で描き、そこに戦車や徒士に見立てた駒を配置して賽を振って、移動距離や破壊力を示した表に従って戦局を決めてゆくというものだ。これで十分鍛錬してから、地上戦を行うのだ。ハーンは個人的な武技も一流であったが、机上戦においても抜群の成績を収めた。
 ギルメルの武官たちとの友誼も深くなった。同期であるサガジターテはギルメルの公子で、侯国元帥となる人物だ。この家系からは卓越した大臣と将領とを多くだしている。後年、覇王ユンリイを悩ますことになるクラウスト将軍は彼の孫にあたり、曾孫のエトナ卿は宰相となって、戦いではなく列国と外交交渉により大陸「八十年戦争」に終止符を打ち、「百年の平和」を実現させることになる。
 そして実地演習となった。口髭の公子が脱出してきたときに付き従った戦車一乗徒士百名に、ギルメルから二千名が貸されて加わっている。演習部隊は、ジーン側、ギルメル側双方で戦車百乗徒士一千人が参加していた。城外演習場には観覧席が設けられ、ギルメル側は大公以下の公族一門、ジーン側はネェジェラ公子とアズキャラズ公女が督戦していた。それにティアの女道士ダナナラスが公女付きの女官長の資格でついてきている。
 この時代の陣形は横列隊形とするのが基本である。戦車一乗に対し徒士百人が付き、横一文字に並んで対峙する格好となっているのだ。合戦の相図を示す太鼓が鳴らされた。土埃が上がりだす。ジーン指揮戦車の御者となったクイントスがいった。
「ハーン殿、公女殿下にいいところをみせませんとな」
 盛装した白い肌の姫君が婚約者を注視しているのがみえる。若い侍従長が白い歯をみせた。
  

(つづく)
スポンサーサイト

theme : 自作小説(ファンタジー)
genre : 小説・文学

line

comment

Secret

line
line

line
Google ペイジランク
ページランク-ナビ
line
奄美剣星
line
文鳥貴族
文鳥貴族
line
最新記事
line
「怪盗めろん」

 

line
「文鳥王トリスタン」
 
line
ブクログ
line
小説家になろう
line
amazon書籍
line
アルパカ版の恋太郎です
line
映画『副王家の人々』より
副王家の一族 
line
イアリング
 ekubo
line
チャイナドレス
chainadoress
line
ポーズ
sofa
line
魯迅記念博物館
inu
line
陽だまりの乙女
usagi
line
裸婦
うつぶせのジャスミン
line
sakasu
line
打ち上げ花火をあげられる四季の風景時計
line
PC広告Amazon
line
テーブルと椅子
椅子3   
line
sub_line
プロフィール

奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)

Author:奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)
1930年前後の歴史推理小説 シナモンと素敵な旅をどうぞ

line
ranking 1
 
line
ranking 2
人気ブログランキングへ
line
置手紙
おきてがみ     
line
Twitter ぼたん
Sweetsman7をフォローしましょう
line
レッドバロン
line
検索フォーム
line
QRコード
QRコード
line
所収作品について
文献・画像等引用の場合は引用元を記載。自作小説倶楽部作品著作権は各著者に帰属。それ以外の文藝作品・絵画写真画像に関する諸権利は当該ブログ管理人に帰属。無断複写転載を禁じます。
line
カジュアルのシナモン
シナモンアップ 
line
リンク
line
マラッカ要塞
marakka
line
珈琲館の割れ甕
城南
line
地図
line
草原の乙女
sougenn
line
バー
eruhurio  
line
海へ行こう
umiheyuku2
line
祖母
  umiheyuku 1
line
洗い髪
araigami
line
癒しの音楽
line
sub_line