伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」 第21回/伯爵令嬢シナモン 『飛行船の殺人』第3章3
 

伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」

小説、エッセイ、画塾

cinamon B 飛行船シルフィ― cinamon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

第21回/伯爵令嬢シナモン 『飛行船の殺人』第3章3


 時計がついに正午を回った。大阪湾上空だ。港湾、鉄道、工場群。淀川が湾に注ぎ込むデルタ地帯に大阪城と城下町が望め、殷賑は宙空を歩む銀色の飛行船からも望むことができた。街中を列車が糸のように細く小さく走っていた。
 「おまじない」の効果はてきめんだった。阮舜蓮に代わってスチュワートの青年が連れてきた日本人の男が入ってくるなり、シナモンはハンドバックから小さな薬包をとりだした。
「阮舜蓮様から、これをお預かりしています」
 男の顔色が変わって、ちっ、と舌打ちした。
 すかさずシナモンは日本人の男に訊いた。
「薬包の中身は砒素ですね? 阮舜蓮様は、『(将軍様)を毒殺した』とおっしゃってましたわ」
「糞っ。お喋り女めっ──」
「すっ、凄い。姫様は本当に風を吹かせたわい!」
 船長はシナモンを見遣った。
 男は夢野久作という四十歳になる日本国籍の作家だ。上海に在住している。阮舜蓮の隣の十八号室にいる。夢野は自供を始めた。
 二年前のこと。上海の人気映画女優阮玲玉は「将軍様」につきまとわれていた。
 「将軍様」は、初めただの常連客で試写会に来場したり作品のスポンサーになったりもした。そのうち映画会社から、「食事に招待されたからいくように」と命じられるようになった。
 何度か食事をすると、次には寝台を共にするようにいわれ、会社側からも命じられるようになった。執拗に要求されたため、桂蓮は悩んだあげく自殺してしまった。
 桂蓮には婚約者と姉がいた。夢野久作と阮舜蓮だ。
 殺されたも同然の銀幕スターの代わりに、残された二人は復讐を誓い合い、「将軍様」が隙をみせる機会を伺っていたのだ。

 ――日本びいきの「将軍様」は、同国に招かれ、飛行船シルフィーで渡航する予定がある。

 情報を得た二人は、「飛行船に乗れば警護は手薄になる」と考え、全財産を投じて搭乗チケットを買った。
飛行船が上海を発って間もなく、搭乗した「将軍様」が、ルームサービスを申し付けた。チーズを載せたカートが、「ミュシャの回廊」から客室キャビンに運ばれていく。
 夢野は、ヴェトナム人スチュワートが通りかかったところを見計らって呼び鈴を鳴らした。
「手洗いの使い方に慣れなくて……。もう一度教えてくださいよ」
 スチュワートは仕方なく部屋に入る。その隙に隣室の阮舜蓮が、カートのチーズに砒素の粉末を振りかけた。
 自供を訊いた船長は膝を叩いた。
「姫様、事件を解決してくれてありがとう」
 ところが当のシナモンは首を横に振った。
「確かにお二人はチーズに毒を盛りましたし、『将軍様』一行はチーズを食べたのですが、結果的に死に至りませんでした。
「それはどういうことだね?」
 船長は訊き返した。
 シナモンは、開封した薬包から、粉末を卓上のグラスに落とした。
「赤ワインは砒素に対して解毒作用があります。事件のときにワインを飲んでいた『将軍様』たちが砒素を盛ったチーズを食べても死にはしません。例えばこんなふうに……」
 薬包を開き粉末を口にする。
 隣にいた船長は慌てた。
「ひっ、姫様っ。それは赤ワインじゃない。ただのグレープジュースだ!」
 けれども、当人は平気な顔をしている。
「ああ、『これ』? 実はお砂糖――」
「よくも一杯食わせたな」
 作家がじだんだを踏んだ。
「こうでもしないと夢野様も紅様と同じく黙秘なさったでしょう?」
 黄金の髪の若い貴婦人は申し訳なさそうな顔をしている。
 さて、図書室の壁の裏側に、猫のように床をはって、中をのぞいている二人がいた。雑誌『東京倶楽部』の記者とカメラマンだ。中居が佐藤に耳打ちした。
「先輩。赤ワインが砒素の解毒剤だなんて、俺、知りませんでしたよ」
「それには、ちょいとしたエピソードがあるんだ……」
 欧州で毒殺が流行したのは、十六世紀から十七世紀にかけてのことだ。王侯貴族は政敵に、浮気な夫人は髪が薄くなった亭主に一服盛った。
スポンサーサイト

theme : 自作小説(ファンタジー)
genre : 小説・文学

line

comment

Secret

line
line

line
Google ペイジランク
ページランク-ナビ
line
奄美剣星
line
文鳥貴族
文鳥貴族
line
最新記事
line
「怪盗めろん」

 

line
「文鳥王トリスタン」
 
line
ブクログ
line
小説家になろう
line
amazon書籍
line
アルパカ版の恋太郎です
line
映画『副王家の人々』より
副王家の一族 
line
イアリング
 ekubo
line
チャイナドレス
chainadoress
line
ポーズ
sofa
line
魯迅記念博物館
inu
line
陽だまりの乙女
usagi
line
裸婦
うつぶせのジャスミン
line
sakasu
line
打ち上げ花火をあげられる四季の風景時計
line
PC広告Amazon
line
テーブルと椅子
椅子3   
line
sub_line
プロフィール

奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)

Author:奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)
1930年前後の歴史推理小説 シナモンと素敵な旅をどうぞ

line
ranking 1
 
line
ranking 2
人気ブログランキングへ
line
置手紙
おきてがみ     
line
Twitter ぼたん
Sweetsman7をフォローしましょう
line
レッドバロン
line
検索フォーム
line
QRコード
QRコード
line
所収作品について
文献・画像等引用の場合は引用元を記載。自作小説倶楽部作品著作権は各著者に帰属。それ以外の文藝作品・絵画写真画像に関する諸権利は当該ブログ管理人に帰属。無断複写転載を禁じます。
line
カジュアルのシナモン
シナモンアップ 
line
リンク
line
マラッカ要塞
marakka
line
珈琲館の割れ甕
城南
line
地図
line
草原の乙女
sougenn
line
バー
eruhurio  
line
海へ行こう
umiheyuku2
line
祖母
  umiheyuku 1
line
洗い髪
araigami
line
癒しの音楽
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。