伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」 第11回/伯爵令嬢シナモン 『飛行船の殺人』第2章2
 

伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」

小説、エッセイ、画塾

cinamon B 飛行船シルフィ― cinamon

第11回/伯爵令嬢シナモン 『飛行船の殺人』第2章2


 中居がつぶやいた。
「ふうっ。紅茶の『あか』は、血の『あか』みたいだなあ」
 佐藤が、横から小突く。それから話題を変えて、黄金の髪をした若い貴婦人に訊ねた。
「レディー・シナモン、貴女が飛行船に乗った経緯を教えて下さい。上海にいらしたのはなぜです?」
 シナモンが微笑んだ。
「理由は二つあります。一つは、十八歳の誕生日に、父が飛行船搭乗チケットを買い贈ったくれたから。もう一つは……」
 その人は、ハンドバックから包み紙を取り出し開いた。
「古い土器の破片ですね? それが何か?」
「私が、東アジアに関心をもったきっかけです」
 それは、現在でいうところの加曽利E式と呼ばれる縄文土器だ。縁のところが膨らんで、胴のあたりがしぼんでいた。粘土紐を貼りつけS字文にしていた。
 若い貴婦人は続けた。
「子供の頃、実家で催されたパーティーにサトウ卿がお越しになられました。これは、そのとき戴いたものです」
 佐藤が目を輝かした。
「サトウ卿? サー・アーネスト・サトウではありませんか?」
「ええ」
 中居が口を挟んだ。
「先輩、サー・アーネスト・サトウって誰っすか?」
「サトウといっても俺の親戚じゃないぞ。ヨーロッパにもそういう姓があるんだ。偶然だけどな。元駐日公使で親日家。若いときは幕末の『生麦事件』で通訳として活躍し、明治まで日本にいた。考古学の素養もあり、日本の古墳を調査したんだ」
 エドガー博士が不思議そうに土器を眺めた。
「この紋様が日本に? 不思議だ。ヨーロッパでは青銅器時代のケルト人墳墓でレリーフをみたことがある。古代エジプトにもあった」
 佐藤は訊いた。
「アールヌーボーの特徴はS字文様。源流は、エジプトにあると訊いたことがあります。レディー・シナモン。貴女が探し求めているものとは、それですか?」
「はい、おっしゃる通りです。私の研究テーマはS字文様の成立時期と伝播経路。その調査目的でアジア諸国を巡っているのです」
「何て壮大なテーマなんだ!」
 一同は感嘆した。
 シナモンが、佐藤の双眼をのぞき込んだ。悪戯な妖精のような眼差しだ。
「ユーラシア大陸を挟んだエジプトと日本。大陸の西と東の果てにS字文が存在した。イギリスと日本にサトウ姓を名乗る人がいるのも偶然ではないと思います」
スポンサーサイト

theme : 自作小説(ファンタジー)
genre : 小説・文学

line

comment

Secret

line
line

line
Google ペイジランク
ページランク-ナビ
line
奄美剣星
line
文鳥貴族
文鳥貴族
line
最新記事
line
「怪盗めろん」

 

line
「文鳥王トリスタン」
 
line
ブクログ
line
小説家になろう
line
amazon書籍
line
アルパカ版の恋太郎です
line
映画『副王家の人々』より
副王家の一族 
line
イアリング
 ekubo
line
チャイナドレス
chainadoress
line
ポーズ
sofa
line
魯迅記念博物館
inu
line
陽だまりの乙女
usagi
line
裸婦
うつぶせのジャスミン
line
sakasu
line
打ち上げ花火をあげられる四季の風景時計
line
PC広告Amazon
line
テーブルと椅子
椅子3   
line
sub_line
プロフィール

奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)

Author:奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)
1930年前後の歴史推理小説 シナモンと素敵な旅をどうぞ

line
ranking 1
 
line
ranking 2
人気ブログランキングへ
line
置手紙
おきてがみ     
line
Twitter ぼたん
Sweetsman7をフォローしましょう
line
レッドバロン
line
検索フォーム
line
QRコード
QRコード
line
所収作品について
文献・画像等引用の場合は引用元を記載。自作小説倶楽部作品著作権は各著者に帰属。それ以外の文藝作品・絵画写真画像に関する諸権利は当該ブログ管理人に帰属。無断複写転載を禁じます。
line
カジュアルのシナモン
シナモンアップ 
line
リンク
line
マラッカ要塞
marakka
line
珈琲館の割れ甕
城南
line
地図
line
草原の乙女
sougenn
line
バー
eruhurio  
line
海へ行こう
umiheyuku2
line
祖母
  umiheyuku 1
line
洗い髪
araigami
line
癒しの音楽
line
sub_line