伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」 第8回/伯爵令嬢シナモン 『飛行船の殺人』第1章7
 

伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」

小説、エッセイ、画塾

cinamon B 飛行船シルフィ― cinamon

第8回/伯爵令嬢シナモン 『飛行船の殺人』第1章7


 午後三時になった。英国流でいけばお茶時間は四時なので、船長室にいくにはまだ少し余裕がある。
 下部デッキは、上部デッキから螺旋階段を降りたところだ。乗務員専用エリアと乗客用娯楽エリアがある。乗務員専用エリアには、厨房やシャワー室があった。一般客の立ち入りは禁止だ。乗客用娯楽エリアには、喫煙室とバーと手洗い場があった。
 シナモンが、バーをのぞいてみた。中国人バーテンダーと黒人ピアニストがいた。バーテンダーは丹念にグラスを磨いている。ピアニストは、ジュラルミン製ハーフピアノをまるで机の引き出しのように開いて鍵盤を調律していた。二人とも、一行をみかけると微笑んだ。
 バーには、カウンターとテーブルが二つ、それに椅子が八つあった。ミュシャの回廊が、名前の通り、その画家のパネルで揃えられているのに対して、バーだけは例外だった。なぜか一枚だけクリムトの絵が飾られているのだ。カンヴァスには、日本の金屏風を模した背景に極彩色の衣をまとった男女が、絡み合うかのように抱擁していた。『接吻』という題名だ。豪華ではあるのだけれども、官能・背徳・退廃が混在していた。
 カウンターには、サングラスの日本人の男と、チャイナドレスの中国人の女が腰掛けていた。グラスが二つ並んである。たっぷり塩が塗ってあるところをみるとテキーラのようだ。
 シナモンが戸惑った顔をしている。
 エドガー博士が訊いた。
 「どうなされたのですか?」
(さっき、ミュシャの回廊にいた二人では? ひそみ声で、「計画」といっていた)
 そんなふうに思いだしたのだが、「いえ、何も……」と答えた。
 カメラマンの中居が、くるっ、と回れ右をしてほかの三人に手招きした。
「おおっ、ここが喫煙室ですよ」
 中居が扉を開けると煙草の煙がもうもうと押し寄せてきた。
「わっ、目にしみる。換気扇が回っているだろうが……」
 喫煙室には椅子が六つ並んでいた。パイプ煙草をふかす大男が腰掛けていた。中居が咳き込んだ。大男は、「やあ」と手を振って戸口に立った。乗船の際、エドガー博士と一緒にシナモンの窮地を救った船長だった。
「やあ、姫様。その人たちと親しくなったのかい?」
「はい」
「四時になったらスチュワートを迎えにやる。船長室にきてくれ。『ラプサンスーチョン』が手に入ったんだ。ご馳走するよ。よかったらお連れの皆さんもいかがかな?」
 中居が佐藤に訊いた。
「先輩、『ラプサンスーチョン』って何ですか?」
「四川産の燻製茶だ。めっちゃ高い」
「子供みたいにまた、砂糖とミルクを入れ過ぎないで下さいよ」
「うるせえっ」
 佐藤が中居の頭に拳骨をくれてやろうとした。中居は素早く避けた。佐藤は、腕を空に切らせてよろける。船長が腹を抱えて笑いだしたので、シナモンとエドガー博士もつられて笑った。

 四人は自室に戻ろうとした。歩きながら佐藤がシナモンに訊いた。
「姫様、飛行船に喫煙室があるのはなぜだと思いますか?」
「シルフィーの浮力は、大量の水素で得られています。引火するのを防ぐためでは?」
「その通り。火がつけば木端微塵。訊くところによると操縦室には非常用レバーがある。喫煙室が火事になったとして、操縦室の船員が、ぐいっ、とそいつを倒す。するとどうなるか?」
 佐藤が意味深に笑った。
「消化装置が作動するのでは?」
「いや、飛行船本体から喫煙室ごと切り離して落とすんです」
「酷い。全面禁煙にすべきです!」
「そっちのほうがよっぽど酷い。愛煙家は命よりも『至福のひととき』を選ぶものなのです。もちろん、ヘビースモーカーの船長が知らぬはずがないでしょう」
「貴男も愛煙家なのですね?」
「もちろん。部屋にいく前に一服していきます」
 佐藤は喫煙室に戻っていった。中居とエドガー博士は、シナモンが「将軍様」一行から絡まれないように部屋に送り届けた。
 エドガー博士は部屋に入ると椅子にもたれかかった。
スポンサーサイト

theme : 自作小説(ファンタジー)
genre : 小説・文学

line

comment

Secret

line
line

line
Google ペイジランク
ページランク-ナビ
line
奄美剣星
line
文鳥貴族
文鳥貴族
line
最新記事
line
「怪盗めろん」

 

line
「文鳥王トリスタン」
 
line
ブクログ
line
小説家になろう
line
amazon書籍
line
アルパカ版の恋太郎です
line
映画『副王家の人々』より
副王家の一族 
line
イアリング
 ekubo
line
チャイナドレス
chainadoress
line
ポーズ
sofa
line
魯迅記念博物館
inu
line
陽だまりの乙女
usagi
line
裸婦
うつぶせのジャスミン
line
sakasu
line
打ち上げ花火をあげられる四季の風景時計
line
PC広告Amazon
line
テーブルと椅子
椅子3   
line
sub_line
プロフィール

奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)

Author:奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)
1930年前後の歴史推理小説 シナモンと素敵な旅をどうぞ

line
ranking 1
 
line
ranking 2
人気ブログランキングへ
line
置手紙
おきてがみ     
line
Twitter ぼたん
Sweetsman7をフォローしましょう
line
レッドバロン
line
検索フォーム
line
QRコード
QRコード
line
所収作品について
文献・画像等引用の場合は引用元を記載。自作小説倶楽部作品著作権は各著者に帰属。それ以外の文藝作品・絵画写真画像に関する諸権利は当該ブログ管理人に帰属。無断複写転載を禁じます。
line
カジュアルのシナモン
シナモンアップ 
line
リンク
line
マラッカ要塞
marakka
line
珈琲館の割れ甕
城南
line
地図
line
草原の乙女
sougenn
line
バー
eruhurio  
line
海へ行こう
umiheyuku2
line
祖母
  umiheyuku 1
line
洗い髪
araigami
line
癒しの音楽
line
sub_line