伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」 第4回/伯爵令嬢シナモン 『飛行船の殺人』第1章3
 

伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」

小説、エッセイ、画塾

cinamon B 飛行船シルフィ― cinamon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

第4回/伯爵令嬢シナモン 『飛行船の殺人』第1章3

飛行船の構造2

挿絵(By みてみん)

 中居が叫んだ。
「うわっ、別嬪さん。やばいっすよ!」
 新聞記者佐藤たちは上部デッキにいて一部始終をみていた。佐藤は後輩カメラマンが、今にも「将軍様」に躍りかかろうとするのを止めた。
「よせっ」
「なぜっすか?」
 佐藤が指をさした方向には、人々の群れがあり、そこから老紳士が飛び出し、シナモンを庇うように割って入った。「将軍様」のボディーガードが殴りかかる。だがその人は、相手の拳を左肘で払い、代わりに右拳を相手の鼻先で止めた。乱暴者は、堪らず、床に尻餅をつく羽目になったのだ。
.
 ――おおっ!
.
 ほかの客たちがどよめく。
 老紳士がいった。
「酒の臭いがする。酔っているな。御夫人に対する物言いではない。謝るべきだ」
 腹の出っ張った「将軍様」が、ふごっ、と鼻息をたてた。
(何だ、この爺は? ボディーガードはわが軍でも選りすぐりだ。まるで子供を相手にしているかのようだ。まあいい、東京に着いたら始末してやる。糞っ、空であの娘を犯れなくなる――)
 風に舞う妖精のような物腰。天使のようなほほ笑みをして自分に振り返る。部屋の寝台に連れ込んだ娘を押し倒し、着衣を引きちぎってのしかかる。そんな様を想像した。だが、現実はどうだ。白いスーツの老紳士が、シナモンを背にして、一行と対峙しているではないか。拳銃は危険物なので荷物室にある。「将軍様」の目が吊りあがった。
(爺っ、東京に着いたら射殺だ!)
 自分や子分どもが、束になって掛かっても、素手では勝ち目がない。 
 野次馬の中にいる中居がふてくされるようにいった。
「ちぇっ、俺の出番をとっちまったよ。爺さんが出てこなけりゃ、いまごろは、あの別嬪さんからチュウして貰えたかもしれないのに……」
「馬鹿か。老紳士はおまえと格が違う。退役軍人だな。相当の修羅場をくぐり抜けてきた猛者とみた。それより中居、何で写真を撮らなかったんだ?」
(あっ、いけねえっ)
 佐藤が真顔でいうと、中居は頭を掻いた。
 殴り合いこそは止んだが、デッキはまだ険悪な雰囲気のままになっている。そこに先ほどの船長が現れた。偉丈夫で顎髭を生やした初老の人であった。
(中国地方軍閥の将軍が乗員名簿にあった。まったく、窓口の奴らは何を考えとるんだ?飛行船の運行はセレブでもっているようなものだ。イメージダウンは経営上の命取りだ)
 船長は、「将軍様」一行を尻目に、シナモンに声をかけた、
「姫様、お美しくなられた。父上はご息災かな?」
「お久しぶりです、少佐。はい、元気です」
 シナモンが手を差し出すと、少佐はうやうやしく手をとった。
(潮時だな)
 船長の登場で、老紳士といがみあっていた「将軍様」一行は、ひとまず退散することにしたらしい。突き出た腹を抱えて笑い自室に消えていった。老紳士は一行の姿がみえなくなるまで背中を睨みつけていた。
「助けて頂き感謝いたします」
 黄金の髪をした若い貴婦人がそういうと、船長も言葉を続けた。
「私からも礼をいわせてください。彼女の父上は私の恩人なのです」
 シナモンの父親と船長は第一次世界大戦のとき、同じ航空隊に所属する戦友だった。
 黄金の髪の貴婦人が、お辞儀「カーテシー」をしようとしたのだが、老紳士は衣服を正し、「人としての義務を果たしたまでです。礼には及びません」といって、やはり自室に向かった。
 佐藤はふと、少し離れたところにいる野次馬の中の東洋人の男女に目がいった。男はサングラスをかけていた。女はチャイナドレスだった。二人とも痩せている。
「騎士道か──」
「東洋にはない発想ね」
 中居が横にいた佐藤の袖を引っ張った。
「一件落着したところで先輩、部屋に行きましょうよ。下部デッキにはバーがあるって話っすよね? 荷物を置いたら飲みにいきましょうよおっ」
「黄金の髪をした貴婦人に、船長、老紳士、東洋人の二人連れ、そして『将軍様』。役者は出揃った。舞台は巨大な豪華飛行船シルフィー。さあ、物語が動いてきたぞ」
 佐藤は、手帖を胸ポケットから取り出すと、中居を追い越して客室へ向かった。意表を衝かれた中居の耳に、船内アナウンスが訊こえてくる。

 ──皆様がご乗船になられている飛行船シルフィーは、上海─東京間一千七百八十キロメートルを、時速七十五キロで航行し、目的地東京には三十時間後に到着する予定です。ご用向きの件は、お近くのスチュワートに訊ねくださいませ。なお、本船の全長は二百四十メートル、幅は四十一メートル、水素ガス容量は二十万立方メートルとなっております。それでは皆様、快適な空の旅を。
スポンサーサイト

theme : 自作小説(ファンタジー)
genre : 小説・文学

line

comment

Secret

line
line

line
Google ペイジランク
ページランク-ナビ
line
奄美剣星
line
文鳥貴族
文鳥貴族
line
最新記事
line
「怪盗めろん」

 

line
「文鳥王トリスタン」
 
line
ブクログ
line
小説家になろう
line
amazon書籍
line
アルパカ版の恋太郎です
line
映画『副王家の人々』より
副王家の一族 
line
イアリング
 ekubo
line
チャイナドレス
chainadoress
line
ポーズ
sofa
line
魯迅記念博物館
inu
line
陽だまりの乙女
usagi
line
裸婦
うつぶせのジャスミン
line
sakasu
line
打ち上げ花火をあげられる四季の風景時計
line
PC広告Amazon
line
テーブルと椅子
椅子3   
line
sub_line
プロフィール

奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)

Author:奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)
1930年前後の歴史推理小説 シナモンと素敵な旅をどうぞ

line
ranking 1
 
line
ranking 2
人気ブログランキングへ
line
置手紙
おきてがみ     
line
Twitter ぼたん
Sweetsman7をフォローしましょう
line
レッドバロン
line
検索フォーム
line
QRコード
QRコード
line
所収作品について
文献・画像等引用の場合は引用元を記載。自作小説倶楽部作品著作権は各著者に帰属。それ以外の文藝作品・絵画写真画像に関する諸権利は当該ブログ管理人に帰属。無断複写転載を禁じます。
line
カジュアルのシナモン
シナモンアップ 
line
リンク
line
マラッカ要塞
marakka
line
珈琲館の割れ甕
城南
line
地図
line
草原の乙女
sougenn
line
バー
eruhurio  
line
海へ行こう
umiheyuku2
line
祖母
  umiheyuku 1
line
洗い髪
araigami
line
癒しの音楽
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。