伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」 伯爵令嬢シナモン3「修道院島」第1章18
 

伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」

小説、エッセイ、画塾

cinamon B 飛行船シルフィ― cinamon

伯爵令嬢シナモン3「修道院島」第1章18

 

前回までの粗筋
.
 1920年代末。群馬県での殺人事件容疑者となった竹久夢二。知人の萩原朔太郎は、佐藤記者を介して、レディー・シナモンに捜査を依頼する。シナモンの一行は手分けして捜査を開始。事件関係者を結んでいくと捜査線上に戊辰戦争で活躍した林忠崇という元大名が浮かびあがってきた。榛名湖のヨットで、シナモンたちは林忠崇のもてなしをうけ、戊辰戦争の武勇伝をきかされるのであった。
.
主要登場人物
. 
レディー・シナモン……英国伯爵令嬢・考古学者。「コンウォールの才媛」の異名がある。
ドロシー・ブレイヤー……米国考古学者。日本古代建築・古代ガラス工芸研究者。短期雇用契約で伯爵家執事に収まっている。
佐藤と中居……雑誌『東京倶楽部』の記者とカメラマン。
.
伯爵家の老家宰スイーツマン・ウルフレザー。奔放な画家で容疑者の竹久夢二。群馬の詩人萩原朔太郎(はぎわら さくたろう)。朔太郎の妹萩原愛子(はぎわら あいこ)。群馬県警長尾警部。女郎宿の店主「高崎の老人」隼人。車夫豆吉(士族、吉之助)。女郎の、殺人事件被害者の黒岩梅。暗殺された阿片商人大和屋太(やまとや ふとし)。請西藩元藩主林忠崇(はやし ただたか)
.
 ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※
.
 勿来ノ関(なこそのせき)というのは、古来朝廷が、奥州(おうしゅう)に根ざす騎馬の民、蝦夷(えみし)南下をくいとめる最大級の防衛線であった。勿来山とよばれる山塊が海にまで張り出した難所である。
 この難所には江戸時代にトンネルが掘削され、奥州磐城国(おうしゅう いわきこく)から常陸国平潟(ひらかた)に、荷車を通してやることができるようになっていた。
.
 トンネルの奪取こそが平潟奪還の要(かなめ)となっる。周囲は尾根、谷、雑木といった障害物の多い地形だ。そこに官軍は狙撃兵を布陣させた。
.
 奥羽列藩同盟軍は、二陣に別れて進軍していた。
 第一陣は、磐城三藩と呼ばれる地元諸藩を主力にしたもので、直線ルートである山沿いの街道を通って進軍した。
 第二陣はやや遠回りである海岸線の間道を通って進軍した。遊撃隊百名も二軍に別れて進軍した。
.
 第一陣に参加した部隊は、長い白兵戦ののち、斬り込み突撃をかけたのだが、意外な敵に進路を妨げられた。
 平潟港に停泊していた官軍軍艦富士山丸の存在である。富士山丸は、同盟側陣営に艦砲射撃を加えた。ために、トンネル奪取を目論む奥羽列藩同盟軍の第一陣は、激戦の末に撤退を余儀なくされたのである。
.
 第一陣が後退して、第二陣が前面にたった。主力は仙台藩で総勢五百名に達していた。遊撃隊の後軍である林忠崇隊も加わっていた。
.
 第一陣よりもすこし下がったところなので、艦砲射撃はない。遊撃隊士二十名からなる抜刀隊精鋭が、銃撃戦の絶え間に、斬り込み突撃をかけた。だが、ここでも意外なことが起こった。
.
 背後にいた相馬藩兵はその場に立ちすくんだ。前線で、斬り込み突撃をかけた遊撃隊に友軍は続かず、官軍側狙撃兵の餌食となった。
 そのうちに平潟港をでて北に回り込んだ富士山丸が、ふたたび艦砲射撃を加えた。
.
 同盟軍主力をなす奥州一の大藩仙台藩兵は、泰平二百六十年で、侍というよりは役人になってしまった。富士山丸の大砲が鳴ると、後方にいたにもかかわらず、前線にいた林忠崇たちを置き去りにして、我先に、と戦わずして逃げ出したのだ。このような現象を「裏くずれ」という。
 最前線に、遊撃隊士二十名がとり残された。
.
 ----徳川宗家万歳!
.
 天を仰いだ十九歳、切れ長の青年武将は、一人斬り込みをかけるべく愛馬の栗毛にまたがり抜刀した。
.
 ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※
.
後 記
.
 螺旋階段がたどりついた先には、地底宮とでもいうべき世界があった。億万のろうそくが立ち並ぶ祭壇。そこにいてこちらを振り返った者は……。
. 
(《どこまでも》つづく)


.
 ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※ 
.

 

せ、先輩、ルパンだあ~っ!

 

中居、クリックだけはするな。ブログを盗まれるぞ。

↓ 

.

.



.
 ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※
.
ポチボタン

 

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログへにほんブログ村

小説・詩ランキング

人気ランキング娯楽部 ※

  http://www.blogmura.com/help/?type=h&no=12http://ping.blogmura.com/xmlrpc/b3byx262eg9q にほんブログ村 
おきてがみ
次の行まで必要
------------------------------  

つづきをみる

 

スポンサーサイト

theme : 自作小説
genre : 小説・文学

line

comment

Secret

こんばんわ

こんばんわ。

林忠崇の奥州戦線での戦いは具体的にはあまりよく知りませんでしたのでおもしろいです。
仙台藩や相馬藩の侍が及び腰だったのはよく分かる気がしますね。
彰義隊も隊長天野八郎が後ろを振り返ったらほとんど逃げていたとか(^_^;)
やはり命をかけたやりとり、よほどのものがないとできないのでしょうね。
前線を戦い抜けた忠崇候、やはり男ですね。

Re: こんばんわ

KOZOU 様

 ご承知のように旧幕府軍遊撃隊には、かなりの傑物が集結しています。シナモンの物語であるため、人見、伊庭といった魅力的な隊長たちは割愛しております。
 ほぼ史実に沿って、フィクションを混ぜていく予定です。
line
line

line
Google ペイジランク
ページランク-ナビ
line
奄美剣星
line
文鳥貴族
文鳥貴族
line
最新記事
line
「怪盗めろん」

 

line
「文鳥王トリスタン」
 
line
ブクログ
line
小説家になろう
line
amazon書籍
line
アルパカ版の恋太郎です
line
映画『副王家の人々』より
副王家の一族 
line
イアリング
 ekubo
line
チャイナドレス
chainadoress
line
ポーズ
sofa
line
魯迅記念博物館
inu
line
陽だまりの乙女
usagi
line
裸婦
うつぶせのジャスミン
line
sakasu
line
打ち上げ花火をあげられる四季の風景時計
line
PC広告Amazon
line
テーブルと椅子
椅子3   
line
sub_line
プロフィール

奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)

Author:奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)
1930年前後の歴史推理小説 シナモンと素敵な旅をどうぞ

line
ranking 1
 
line
ranking 2
人気ブログランキングへ
line
置手紙
おきてがみ     
line
Twitter ぼたん
Sweetsman7をフォローしましょう
line
レッドバロン
line
検索フォーム
line
QRコード
QRコード
line
所収作品について
文献・画像等引用の場合は引用元を記載。自作小説倶楽部作品著作権は各著者に帰属。それ以外の文藝作品・絵画写真画像に関する諸権利は当該ブログ管理人に帰属。無断複写転載を禁じます。
line
カジュアルのシナモン
シナモンアップ 
line
リンク
line
マラッカ要塞
marakka
line
珈琲館の割れ甕
城南
line
地図
line
草原の乙女
sougenn
line
バー
eruhurio  
line
海へ行こう
umiheyuku2
line
祖母
  umiheyuku 1
line
洗い髪
araigami
line
癒しの音楽
line
sub_line