伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」 第29回/ トリスタンの殺人 『伯爵令嬢シナモン1924年』
 

伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」

小説、エッセイ、画塾

cinamon B 飛行船シルフィ― cinamon

第29回/ トリスタンの殺人 『伯爵令嬢シナモン1924年』

2012年4月校正

伯爵令嬢シナモン1924年
「トリスタンの殺人」 

カーテシー 

第3章 ウバティー(4)
 
.
 「昔から噂で──トリスタン島には洞穴(ほらあな)があるということをきいていました。洞穴は普段は水没しているか、入り口天井部のところだけわずかに海面上に開いているのですけれども満潮になると入り口は水面下に隠れてしまう。ただし洞窟内部は広くて小舟であれば、満潮干潮に限らず数艘隠しておくことができる大きな空間になっている──というものです」 
「莫迦莫迦しい妄想だ。なにを根拠に……」 
 チャールズは明らかに狼狽している。レザー警部がまた口を挟んだ。 
「劇場でレディー・シナモンにいわれて、なるほどと思った私は、部下に命じてトリスタン島を調べさせてみたところ、レディー・シナモンのいわれるように、海面すれすれで開口している洞窟は確かにありました。縁が傷ついて粘板岩細片が食い込んでいる舟は、三艘ありました」 
 警部が、にやり、と笑った。 
「一艘は自宅裏の波止場に停泊しているジョージ・セシルのもの、二艘めはシケで偶然打ち上げられた灯台守のもの、そして三艘めはチャールズさん、あなたのものだ」 
「……」 
 チャールズは押し黙った。シナモンが話しを続けた。 
「洞窟に隠れて、ジョージ小父様を待ち伏せし殺害したあなたは、再びボートに乗り込みおじさまのボートをロープで結わえて曳航し洞窟に隠れ、夜になるのを待った。偶然殺人を目撃したジョンと話しを訊いた巡査たちが島に上陸したときは夕方で、貴男は洞窟に潜んでいた──」 
 入り口の低い洞窟への出入り口にこすれた傷でボート二艘は船縁に引っ掻いたような傷をつくり粘板岩の砕塵が傷口に入り込んだのだ。用心深いチャールズは人目につかないように、夜を待って、洞窟をでた。チャールズは、捜査を攪乱(かくらん)する目的でジョージ・セシル邸裏の船着き場まで、被害者のモーターボートを曳航して行こうとしたのだ。そこでカンテラを照らしたボートが近寄ってきた。乗っているのは灯台守だ。 
「チャールズの旦那、さあ、約束だ。アドバイス料と口止め料をあわせた金をくれよ。それからジョージのファイルもな」 
「判った。金は準備してある。ただファイルは何冊もあってけっこう重い。舟を寄せてそっちへ移すのを手伝ってくれ」 
 チャールズはそういうと、灯台守がいわれるまま船を寄せてきて乗り移ってきた。問題のファイルはジュラルミンの箱に収められていて、ずっしりと重く、蓋を開けて何冊かずつに分けて持ち出さねばならなかった。箱からファイル数冊を取り出し抱え込んだ灯台守が自分のボートに乗り移ったとき、チャールズは隠し持っていたナイフを灯台守の背に突き刺し殺害した。灯台守はしばらくもだえて、ボートに横になる格好で息絶えた。それが波で揺られているうちに仰向けになった。もちろんナイフは仰向けになった拍子に外れている。

.
P4240159.jpg 


【登場人物】

レディー・シナモン/後に「コンウォールの才媛」の異名をとる英国伯爵令嬢。13 歳。

サトウ卿/英国考古学者・元外交官・勲爵士。サー・アーネスト・サトウ。 主要考古学論文『上野地方の古墳群』。

オットー・スコルツェニー/頬に傷のある少年。後にナチスSS大佐となり、「ヨーロッパ一危険な男」と呼ばれる。

T.E.ロレンス/トーマス・エドワード・ロレンス。陸軍中佐。第1次世界大戦の英雄「アラビアのロレンス」。オクスフォード大学卒の考古学者でもある。戦術書として著書『知恵の七柱』が有名。このほか、高校・大学時の中世城郭研究では、当時の学界に一大センセーションを起こした。
スポンサーサイト

theme : 自作小説(ファンタジー)
genre : 小説・文学

line

comment

Secret

line
line

line
Google ペイジランク
ページランク-ナビ
line
奄美剣星
line
文鳥貴族
文鳥貴族
line
最新記事
line
「怪盗めろん」

 

line
「文鳥王トリスタン」
 
line
ブクログ
line
小説家になろう
line
amazon書籍
line
アルパカ版の恋太郎です
line
映画『副王家の人々』より
副王家の一族 
line
イアリング
 ekubo
line
チャイナドレス
chainadoress
line
ポーズ
sofa
line
魯迅記念博物館
inu
line
陽だまりの乙女
usagi
line
裸婦
うつぶせのジャスミン
line
sakasu
line
打ち上げ花火をあげられる四季の風景時計
line
PC広告Amazon
line
テーブルと椅子
椅子3   
line
sub_line
プロフィール

奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)

Author:奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)
1930年前後の歴史推理小説 シナモンと素敵な旅をどうぞ

line
ranking 1
 
line
ranking 2
人気ブログランキングへ
line
置手紙
おきてがみ     
line
Twitter ぼたん
Sweetsman7をフォローしましょう
line
レッドバロン
line
検索フォーム
line
QRコード
QRコード
line
所収作品について
文献・画像等引用の場合は引用元を記載。自作小説倶楽部作品著作権は各著者に帰属。それ以外の文藝作品・絵画写真画像に関する諸権利は当該ブログ管理人に帰属。無断複写転載を禁じます。
line
カジュアルのシナモン
シナモンアップ 
line
リンク
line
マラッカ要塞
marakka
line
珈琲館の割れ甕
城南
line
地図
line
草原の乙女
sougenn
line
バー
eruhurio  
line
海へ行こう
umiheyuku2
line
祖母
  umiheyuku 1
line
洗い髪
araigami
line
癒しの音楽
line
sub_line