伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」 第27回/ トリスタンの殺人 『伯爵令嬢シナモン1924年』
 

伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」

小説、エッセイ、画塾

cinamon B 飛行船シルフィ― cinamon

第27回/ トリスタンの殺人 『伯爵令嬢シナモン1924年』

2012年4月校正

伯爵令嬢シナモン1924年
「トリスタンの殺人」 

シナモンアップ 

第3章 ウバティー(2)
 
.
 ロレンスの父は准男爵トーマス・ロバート・タイ・チャップマン、母はセアラ・ロレンスといって准男爵家の娘たちの家庭教師だった。やがてトーマスとセアラは不倫関係になり、ウェールズに駆け落ちし、以後一家はセアラのロレンス姓を名乗ることになる。両者の間にできた私生児は五人おり、すべて男子であった。 
 厳格なクリスチャンの家に育った母セアラは負い目を感じて精神に均等を欠くところがあり、兄弟を虐待したためロレンスは、母親を半ば憎んでいたのだが、子供の頃にそんな母親がときどきいれてくれたミルクたっぷりのウバ・ティーをふと思いだした。 
 シナモンは言葉を続けた。 
「……いにしえの人々は、左手薬指は心臓に直結する部分と信じていました。心臓は天界に住まわれる神様に直結いたします。ゆえに結婚指輪(エンゲージリング)を左手薬指にするということは、新郎新婦が神様に、『この人と一生添い遂げます』と約束した証しなのです」 
 そういってから、「では皆様、ティーカップの紅茶を飲みほして戴けますか? 残ったお茶の葉の数と形で占ってさし上げましょう」といって来賓の人々に声をかけていく。まずは市長夫妻のところにいった。 
「おや、葉の形が丸くて可愛いですね。近くお孫さんが生まれるのでは?」 
「ええっ、どうして判るの? 来月の予定ですのよ」 
 警察署長夫妻のところでは、「明日、釣りに行かれますね? 大物が釣れますよ」とささやく。 
 夫人が亭主の背中を叩く。 
「姫様が保証してくださったわよ、あなた。さあ、しっかり釣ってきて頂戴、明日はバターとガーリックのきいたソテーですからね」といって笑った。やがて十三歳の少女がエリーたちのところにやってきた。 
「なんだか怖いわ。昔から貴女の紅茶占いは外れたことがないのですもの……」 
 シナモンは神妙な顔をして、エリーが飲みほしたティーカップの底をのぞき込んだ。ティーカップの底にある葉は羽のように二つ重ねられている。 
「これは『守護天使の羽』──小母様、貴女のそばに片時も離れず守っていてくださる方がいらっしゃる……」 
 笑みを浮かべていたモーガンが、エリーの困惑した様子に複雑な顔をした。 
 シナモンは、エリーの近くにいたチャールズのカップをのぞいた。 
「小さく舟形に並んだ葉が、やや大きな丸い葉に隠れています。三艘の舟が隠れる洞穴を意味しています」 
 チャールズの顔色が変わった。続いて、エディックのカップをのぞく。 
「鷲と獅子が相対したような葉の形。古来から鷲と獅子は対峙する者同士といわれ『嫉妬』を意味します」 
 チャールズも顔色を変えた。そして最後に、モーガンのカップをのぞきこんだ。 
「二枚の葉が『ファイル』を開いた形になっていますね」 
 モーガンも驚きを無理に隠しているのが誰の目にも明らかだった。 
そこへ駐在の若い巡査をともなった週警察の警部がきて、サトウ卿とロレンスの二人も続いてきた。警部が割り込むようにこう告げた。 
「チャールズさん、エディックさん、それにモーガンさん。失礼ながらお三方は、今回の連続殺人事件の容疑者となっています。お三方のうちの一人が、ジョージ・セシル氏と灯台守を殺し、さらに刺客を雇ってレディー・シナモンの命を狙ったのです──レディー・シナモンは優しい娘さんだ……私が逮捕する前に、自首するようにはからっているのです。さあ今ならまだ間に合いますよ、自首してくださいな」 
「ふんっ、子供の浅知恵、茶番だ。考えてもみろ、ジョージを殺して得するのは動機からして、エリーと不倫しているモーガンに決まっているだろ」 
 肥ったエディックは吐き捨てるようにいった。 
 警部が続けた。
「レディー・シナモン、昨日、劇場で話してくれたことを皆にも説明しておやりなさい」 
「二つの殺人事件を結ぶストーリーはとてもシンプルです──表面的にはですけれど……」 
 シナモンはうなづいて謎解きを始めた


.
P4240159.jpg

【登場人物】

レディー・シナモン/後に「コンウォールの才媛」の異名をとる英国伯爵令嬢。13 歳。

サトウ卿/英国考古学者・元外交官・勲爵士。サー・アーネスト・サトウ。 主要考古学論文『上野地方の古墳群』。

オットー・スコルツェニー/頬に傷のある少年。後にナチスSS大佐となり、「ヨーロッパ一危険な男」と呼ばれる。

T.E.ロレンス/トーマス・エドワード・ロレンス。陸軍中佐。第1次世界大戦の英雄「アラビアのロレンス」。オクスフォード大学卒の考古学者でもある。戦術書として著書『知恵の七柱』が有名。このほか、高校・大学時の中世城郭研究では、当時の学界に一大センセーションを起こした。
スポンサーサイト

theme : 自作小説(ファンタジー)
genre : 小説・文学

line

comment

Secret

line
line

line
Google ペイジランク
ページランク-ナビ
line
奄美剣星
line
文鳥貴族
文鳥貴族
line
最新記事
line
「怪盗めろん」

 

line
「文鳥王トリスタン」
 
line
ブクログ
line
小説家になろう
line
amazon書籍
line
アルパカ版の恋太郎です
line
映画『副王家の人々』より
副王家の一族 
line
イアリング
 ekubo
line
チャイナドレス
chainadoress
line
ポーズ
sofa
line
魯迅記念博物館
inu
line
陽だまりの乙女
usagi
line
裸婦
うつぶせのジャスミン
line
sakasu
line
打ち上げ花火をあげられる四季の風景時計
line
PC広告Amazon
line
テーブルと椅子
椅子3   
line
sub_line
プロフィール

奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)

Author:奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)
1930年前後の歴史推理小説 シナモンと素敵な旅をどうぞ

line
ranking 1
 
line
ranking 2
人気ブログランキングへ
line
置手紙
おきてがみ     
line
Twitter ぼたん
Sweetsman7をフォローしましょう
line
レッドバロン
line
検索フォーム
line
QRコード
QRコード
line
所収作品について
文献・画像等引用の場合は引用元を記載。自作小説倶楽部作品著作権は各著者に帰属。それ以外の文藝作品・絵画写真画像に関する諸権利は当該ブログ管理人に帰属。無断複写転載を禁じます。
line
カジュアルのシナモン
シナモンアップ 
line
リンク
line
マラッカ要塞
marakka
line
珈琲館の割れ甕
城南
line
地図
line
草原の乙女
sougenn
line
バー
eruhurio  
line
海へ行こう
umiheyuku2
line
祖母
  umiheyuku 1
line
洗い髪
araigami
line
癒しの音楽
line
sub_line