伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」 第20回/ トリスタンの殺人 『伯爵令嬢シナモン1924年』
 

伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」

小説、エッセイ、画塾

cinamon B 飛行船シルフィ― cinamon

第20回/ トリスタンの殺人 『伯爵令嬢シナモン1924年』

2012年4月校正


伯爵令嬢シナモン1924年
「トリスタンの殺人」 

第2章 男装の伶人(8)
 
.
 観客席に男女二人がやってきたのだが、少し遅れてきたため立ち見になってしまった。不倫が噂されるモーガンとエリーである。もっともエリーは昨今、パートナーを失い独身となったので問題はなくなったわけであるが……。 
 モーガンが、ハンドバックからオペラグラスを取り出したエリーの耳元にささやいた。 
(──シナモンか……もうこんなに大きくなったんだね。昔、ジョージに、『シナモンをだっこしていいかい?』 ときいたら、ジョージの奴、なんていったと思う? 『シナモンはいつか私の娘にする。君のような女ったらしにはだっこなんてせない。指一本でも触れてみろ。射殺するぞ』ってにらまれたんだ) 
 訊いたエリーは、くすり、と笑った。 
 観客席へ通じる入り口のところには警官が立っていて、不審者が入場していないかチェックしているのだが、いまのところそれらしき人物は見あたらないようだ。 
 入り口付近の席に座っていたロレンスがエリーに、「小用を思い出しましたので席をたちます、よろしければお掛けください」といって席を譲ると、一度劇場を出て裏口へと回り込んだ。 
 警官はロレンスを一瞥したが、べつに怪しい様子もないので、また観客席のほうを見回しはじめた。
 やや離れた席には、スコルツェニーとミューラーの二人の姿もあり、出ていくロレンスの姿をみつけるなり、スコルツェニーがほくそ笑んだ。横にいたミュラーは不思議そうに耳打ちしてたずねた。
P4240159.jpg
.
「あれはロレンスだね、スコルツェニー。何がおかしいの?」
「いや、さすがだなあって、感心したんだよ。確かにあの位置からだと刺客をみつけにくい。そう舞台の側に回り込むとみつけやすい」 
「ねえ、スコルツェニー。ひとつ訊いていい? ロレンスに情報をくれてやった真意は何?」 
「真意? 少々ハプニングはあったけれど、僕たちはミッションを完了した。これ以上無駄な血を流す必要がないんだよ」
 優しげな瞳の少年が、ふう、と一息いれてから、「じゃあ、もし、狙われているのがシナモンでなかったら?」と訊き返す。 頬傷の少年が悪戯な笑みを浮かべた。 
「ミューラー、君はいい奴だけれど、ときどきとても意地悪になるのだね。僕にそれをいわせる気かい?」
「スコルツェニー、君は優しいがときどき『黒き竜』となり、あらゆる人間の運命を指先でもてあそぶ。あのロレンスやシナモンでさえも……」
「いったはずだよ、ミューラー。僕はダーウインの『進化論』の信奉者なんだ。人類の頂点に君臨する人──シナモン──を僕は愛する。だから存在価値をもたない害虫どもから僕が守るのさ、どんな手を使ってでもね」
 観客席のもっとも後ろでそのような動きがあったのとは関係なく、第五幕が開かれた。


【登場人物】

レディー・シナモン/後に「コンウォールの才媛」の異名をとる英国伯爵令嬢。13 歳。

サトウ卿/英国考古学者・元外交官・勲爵士。サー・アーネスト・サトウ。 主要考古学論文『上野地方の古墳群』。

オットー・スコルツェニー/頬に傷のある少年。後にナチスSS大佐となり、「ヨーロッパ一危険な男」と呼ばれる。

T.E.ロレンス/トーマス・エドワード・ロレンス。陸軍中佐。第1次世界大戦の英雄「アラビアのロレンス」。オクスフォード大学卒の考古学者でもある。戦術書として著書『知恵の七柱』が有名。このほか、高校・大学時の中世城郭研究では、当時の学界に一大センセーションを起こした。


リザード城

レオノイス城から手前イゾルテ島・奥トリスタン島を望む。港が城下町となり、その奥が、かもめ岬である。 

 
スポンサーサイト

theme : 自作小説(ファンタジー)
genre : 小説・文学

line

comment

Secret

No title

シナモンちゃんを狙うのは、この観客が一杯いる所では、
難しいかも。wランクポチ。

jizou様

画像的には劇的なもので 笑
line
line

line
Google ペイジランク
ページランク-ナビ
line
奄美剣星
line
文鳥貴族
文鳥貴族
line
最新記事
line
「怪盗めろん」

 

line
「文鳥王トリスタン」
 
line
ブクログ
line
小説家になろう
line
amazon書籍
line
アルパカ版の恋太郎です
line
映画『副王家の人々』より
副王家の一族 
line
イアリング
 ekubo
line
チャイナドレス
chainadoress
line
ポーズ
sofa
line
魯迅記念博物館
inu
line
陽だまりの乙女
usagi
line
裸婦
うつぶせのジャスミン
line
sakasu
line
打ち上げ花火をあげられる四季の風景時計
line
PC広告Amazon
line
テーブルと椅子
椅子3   
line
sub_line
プロフィール

奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)

Author:奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)
1930年前後の歴史推理小説 シナモンと素敵な旅をどうぞ

line
ranking 1
 
line
ranking 2
人気ブログランキングへ
line
置手紙
おきてがみ     
line
Twitter ぼたん
Sweetsman7をフォローしましょう
line
レッドバロン
line
検索フォーム
line
QRコード
QRコード
line
所収作品について
文献・画像等引用の場合は引用元を記載。自作小説倶楽部作品著作権は各著者に帰属。それ以外の文藝作品・絵画写真画像に関する諸権利は当該ブログ管理人に帰属。無断複写転載を禁じます。
line
カジュアルのシナモン
シナモンアップ 
line
リンク
line
マラッカ要塞
marakka
line
珈琲館の割れ甕
城南
line
地図
line
草原の乙女
sougenn
line
バー
eruhurio  
line
海へ行こう
umiheyuku2
line
祖母
  umiheyuku 1
line
洗い髪
araigami
line
癒しの音楽
line
sub_line