伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」 第14回 / トリスタンの殺人 『伯爵令嬢シナモン1924年』
 

伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」

小説、エッセイ、画塾

cinamon B 飛行船シルフィ― cinamon

第14回 / トリスタンの殺人 『伯爵令嬢シナモン1924年』

2012年4月校正

伯爵令嬢シナモン1924年
「トリスタンの殺人」 

第2章 男装の伶人(2) 

 かもめ岬の麓には、石積みのギリシャ風劇場が設けられている。地形を利用した擂り鉢のような構造をしており、 斜面に設けられた観客席は上から見下ろすと扇形となる構造になっていた。シナモンの父君レオノイス伯爵と地元の有志が資金を出し合ってつくったものだ。 
 商工会の青年は舞台監督も兼ねていた。 
「姫様、悪いですねえ、レオノイス夏祭りまであと二日、本番までちょっとしかリハーサルができません。多少のアドリブはあってもいいですよ、周りでカバーしますからね」
 青年は、サトウ卿と一緒に劇場へやってきたカンカン帽の少女に、罰が悪そうに、笑った。スタッフたちはシナモンの来訪を待ちわびていた様子で、すぐに第一幕がはじまった。 
  ✩ 
 昔、このあたり一帯にはコンウォール王国が存在し、慈悲深いマルク王治下で平和だった。王城には、竪琴が奏でられ、王と廷臣たちが楽しんでいたところに、、突然伝令がやってきて美酒に酔う人々に冷水を浴びせかけた。 
「──主公マルク王、西の海からアイルランド軍が侵入し、城近くの浜辺に船団を乗りつけました。敵将が、『われは騎士モルオルト、アイルランド一の勇者。わが母国は、コンウォールに求める。従うなら朝貢を、拒むなら剣を持参してわが前へこられよ!』と名乗りをあげて上陸したとのこと」 
 思慮深き王がつぶやいた。 
「敵は一騎討ちを挑んでおるようだな。わが国一番の騎士で対抗せねば……」 
 竪琴を弾いていたのは青年騎士だった。一見すれば華奢で、剣より竪琴を携えている方がよほど似合う感じだ。その人が、軽くひとかき弦を鳴らしてから、竪琴を剣にかえて立ち上がった。 
「叔父上、私・トリスタンが参りましょう」 
 浜辺には陣幕が張られ一騎討ちの支度はととのっている。乗りつけたトリスタンは、馬を駆って、騎士モルオルトと対峙した。モルオルトは黒い甲冑を身にまとった偉丈夫、対する騎士トリスタンは銀の甲冑を身にまとった細身の青年であった。 
「おとなしく属国となればよいものを、しかもこんな華奢な騎士をよこすとはコンウォールも地に落ちたものよな」
「コンウォールは自由だ。アイルランドの属国などにはならぬ」 
 双方はしばしにらみあうと、やがて、長槍を構えすれ違いざまに一撃をくらわそうと試み、衝撃でトリスタンの槍が折れた。モルオルトが不敵に笑った。トリスタンは剣を抜き、モルオルトの第二撃を剣でなぎはらい敵も剣を抜いた。幾度もの剣撃で火花を散らし、互いに血を流しながら、最後までどうにか立っていたのはトリスタンであった。
 騎士モルオルトの討ち死にをみとったアイルランド勢は遺体を載せて船の舳先を沖に返した。コンウォールは勝ったのだ。だが英雄となったトリスタンの傷は深い。砂浜で倒れそうになったトリスタンに肩を貸したのはゴルヴナルという忠実な従者であった。 
「トリスタン様、モルオルトは剣に毒を塗っていたに違いありません。海の彼方にあらゆる病気を治すという姫君がいるそうです。私がご案内いたしましょう」  
 そういって意識朦朧の状態にあったトリスタンを小舟に乗せて海に漕ぎ出した。ところが従者ゴルヴナルが目指したのは、なんと敵国アイルランドだったのだ。あらゆる病気を治すという姫君こそアイルランド王女イゾルテであった。宿敵同士、禁断の恋がここに始まる……。 
  ✩ 
 リハーサルの第一幕をみていたアーネスト・サトウが、舞台監督である商工会の青年にいった。 
「ワーグナーの歌劇『トリスタンとイゾルテ』とはだいぶ違うな」 
「地元の伝説がベースなんですよ。一口に、『トリスタンとイゾルテ』とはいっても、いろいろありますからね。コンウォールの伝説は、中世以来、吟遊詩人たちが欧州各国を巡って、思い思いの弾き語りをしてきたものだから、星の数ほどのバリエーションがあります。主に、本格的な演劇は、フランスやドイツで行われ、劇作家たちが、いろいろ脚色してきました。ワーグナーだってその一人に過ぎません。つまらなかったですか?」 
「いやいや素晴らしかったよ。ノーミスだ……シナモンにはこんな才能もあったんだね」 
 老勲爵士は、そういって喝采を贈った。



【登場人物】

レディー・シナモン/後に「コンウォールの才媛」の異名をとる英国伯爵令嬢。13 歳。

サトウ卿/英国考古学者・元外交官・勲爵士。サー・アーネスト・サトウ。

オットー・スコルツェニー/頬に傷のある少年。後にナチスSS大佐となり、「ヨーロッパ一危険な男」と呼ばれる。


リザード城

レオノイス城から手前イゾルテ島・奥トリスタン島を望む。港が城下町となり、その奥が、かもめ岬である。

スポンサーサイト

theme : 自作小説(ファンタジー)
genre : 小説・文学

line

comment

Secret

No title

セカンドバージョンの「トリスタンとイゾルテ」、音楽を聞く事は有っても、筋は知りませんでしたが、なかなか素敵ですね。
ランクポチ。

jizou様

『トリスタンとイゾルテ』は実に多くのバリエーションがあります。私はワグナーバージョンに、古典バージョンを加味させるとともに、本筋と合致するように、黒き竜の存在をクローズアップしてみました。毎度ご来訪ならびにコメントを戴き誠に感謝いたします。
line
line

line
Google ペイジランク
ページランク-ナビ
line
奄美剣星
line
文鳥貴族
文鳥貴族
line
最新記事
line
「怪盗めろん」

 

line
「文鳥王トリスタン」
 
line
ブクログ
line
小説家になろう
line
amazon書籍
line
アルパカ版の恋太郎です
line
映画『副王家の人々』より
副王家の一族 
line
イアリング
 ekubo
line
チャイナドレス
chainadoress
line
ポーズ
sofa
line
魯迅記念博物館
inu
line
陽だまりの乙女
usagi
line
裸婦
うつぶせのジャスミン
line
sakasu
line
打ち上げ花火をあげられる四季の風景時計
line
PC広告Amazon
line
テーブルと椅子
椅子3   
line
sub_line
プロフィール

奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)

Author:奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)
1930年前後の歴史推理小説 シナモンと素敵な旅をどうぞ

line
ranking 1
 
line
ranking 2
人気ブログランキングへ
line
置手紙
おきてがみ     
line
Twitter ぼたん
Sweetsman7をフォローしましょう
line
レッドバロン
line
検索フォーム
line
QRコード
QRコード
line
所収作品について
文献・画像等引用の場合は引用元を記載。自作小説倶楽部作品著作権は各著者に帰属。それ以外の文藝作品・絵画写真画像に関する諸権利は当該ブログ管理人に帰属。無断複写転載を禁じます。
line
カジュアルのシナモン
シナモンアップ 
line
リンク
line
マラッカ要塞
marakka
line
珈琲館の割れ甕
城南
line
地図
line
草原の乙女
sougenn
line
バー
eruhurio  
line
海へ行こう
umiheyuku2
line
祖母
  umiheyuku 1
line
洗い髪
araigami
line
癒しの音楽
line
sub_line