伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」 第9回/トリスタンの殺人 『伯爵令嬢シナモン1924年』
 

伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」

小説、エッセイ、画塾

cinamon B 飛行船シルフィ― cinamon

第9回/トリスタンの殺人 『伯爵令嬢シナモン1924年』

2012年4月校正『伯爵令嬢シナモン』更新開始

伯爵令嬢シナモン1924年
「トリスタンの殺人」 

第1章 二つの島(7)


 サトウ卿は、スコルツェニーと名乗る少年の挨拶を受けて、自分も名乗って握手を交わした。話しを訊くと、彼は、第一次世界大戦の敗戦国オーストリーの首都ウイーン生まれで、中産階級の子供として生まれた。貴族の出ではないのだが不思議な品格があった。貴族的な、いやむしろ帝王のような威厳さえ感じる。頬にある深い傷は十度におよぶ古式にのっとった決闘によってできた傷なのだという。少しして、スコルツェニー少年の後を追うように、岬の頂きから別な少年がやってきた。
「おいおい、スコルツェニー、イギリスまできてナンパすることはないだろう? こんな可愛い子をイギリスから盗み出したら、イギリスの男どもが逆上してまた戦争になるよ」
 連れのようだ。スコルツェニーは、冗談をいった少年を一同に紹介した。
「僕と同じウイーン生まれでミューラーといいます。国際親善フェンシング大会のため選手として僕と一緒にこちらへ参りました」
 背格好は似た感じだ。ミューラーも利発そうな少年ではあるが、スコルツェニーほど強烈な印象は与えない。二人は冗談をいったり、屈託なくふざけあっている。老勲爵士は思った。
(二人並ぶと、スコルツェニー君が普通の少年にみえてしまう。ミューラー君がスコルツェニー君と一緒にいるということは、『誰かの意思によって』彼のありあまる才能をカモフラージュしているのだろうか?) 
 サトウ卿はまた、頬に深い傷のある少年と親しげに話しをする、カンカン帽の少女をみやった。少年と少女はまるで正反対の存在だった。市民に対する貴族、情熱に対する穏便、冷ややかさに対する暖かさ……。しかし共通点もある。 
(スコルツェニー君は生まれながらの騎士だ。なるほど少年らしい熱情が決闘という形で噴きだすことはあるが、内面には底知れぬ『哲学』が確立されている。シナモンの才能が神に愛されたものだとすれば、彼の才能は……)
 サー・アーネスト・サトウはハンカチで額の汗を拭って思い直した。
(──いや、初対面の人に対してのつまらない憶測はやめよう、元外交官である私の悪い癖だ)
 少年たちはシナモンと十分ばかり雑談をしてから、レオノイスの市街地にある小さなホテルに戻っていった。二人と入れ違いに若い調理師が、かもめ岬中腹テラスへやってきた。いつもなら、伯爵夫妻に昼食をだしおえてから調査地へやってくるのだが、その日に限っては早すぎる。
「ひっ、姫さまああっ。しっ、死体が浜辺に打ち上げられましたああっ!」
 調理師は血相を変えて坂道を駆け上がりテラスにたどり着くと、ぜいぜい、と肩で息をした。シナモンがポットの紅茶をマグカップに注いで調理師にやると、ふうふう、熱をさましてのみ一息ついたところでこう告げたのだった。
「浜に打ち上げられたのはジョージ様でした。ジョンのいったことは嘘じゃない。確かに後ろから殴られたあとがあったって話しだ」
「ジョージ小父様?」
 シナモンは両手を顔にやってしばらく立ちすくんだ。ジョンもショックだったようだ。
(背中を向けていたから判らなかったけれど、殺されたのはジョージ様だったんだ……)
 それを後目にサトウ卿が横にいた庭師の老人に訊いた。
「ジョージ氏とレディー・シナモンとの関係は?」
「ジョージ様はセシル家の分家で、本家との関係も親しく、お子様のいないジョージ様は、姫様を実の娘のように可愛がっておられました。正確にいえば叔父姪というほど近い親族ではありませんが、セシル家は門閥ですので何代か経っても親戚づきあいをいまだに続けているのですよ」
 シナモンに愛された遠縁の親戚ジョージ氏とは何者か? ショックを受けてまだ言葉をだせないシナモンに対して不謹慎ではあるが、サトウ卿は興味をもった。試掘坑にシートがかけられ、またしても調査は中断となった。


リザード城

レオノイス城から手前イゾルテ島・奥トリスタン島を望む。港が城下町となり、その奥が、かもめ岬である。


Link→ Mother Blog/ 伯爵令嬢シナモン『飛行船の殺人』

スポンサーサイト

theme : 自作小説(ファンタジー)
genre : 小説・文学

line

comment

Secret

No title

重要な役割を果たすと思われる、
若い人が出て来ました。これからですね。
ランクポチ。

jizou様

歴上の人物と架空の人物のコンビ
コンビとなる方も実際はいるのですが
あまりエピソードを知らないので架空としました
スコルツェニーは、実在の人で、戦後はアメリカに協力して
中東・南米で共産勢力と戦い、セメント事業で財をなし、スペインで
1970年代まで生きておられたとのことです
line
line

line
Google ペイジランク
ページランク-ナビ
line
奄美剣星
line
文鳥貴族
文鳥貴族
line
最新記事
line
「怪盗めろん」

 

line
「文鳥王トリスタン」
 
line
ブクログ
line
小説家になろう
line
amazon書籍
line
アルパカ版の恋太郎です
line
映画『副王家の人々』より
副王家の一族 
line
イアリング
 ekubo
line
チャイナドレス
chainadoress
line
ポーズ
sofa
line
魯迅記念博物館
inu
line
陽だまりの乙女
usagi
line
裸婦
うつぶせのジャスミン
line
sakasu
line
打ち上げ花火をあげられる四季の風景時計
line
PC広告Amazon
line
テーブルと椅子
椅子3   
line
sub_line
プロフィール

奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)

Author:奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)
1930年前後の歴史推理小説 シナモンと素敵な旅をどうぞ

line
ranking 1
 
line
ranking 2
人気ブログランキングへ
line
置手紙
おきてがみ     
line
Twitter ぼたん
Sweetsman7をフォローしましょう
line
レッドバロン
line
検索フォーム
line
QRコード
QRコード
line
所収作品について
文献・画像等引用の場合は引用元を記載。自作小説倶楽部作品著作権は各著者に帰属。それ以外の文藝作品・絵画写真画像に関する諸権利は当該ブログ管理人に帰属。無断複写転載を禁じます。
line
カジュアルのシナモン
シナモンアップ 
line
リンク
line
マラッカ要塞
marakka
line
珈琲館の割れ甕
城南
line
地図
line
草原の乙女
sougenn
line
バー
eruhurio  
line
海へ行こう
umiheyuku2
line
祖母
  umiheyuku 1
line
洗い髪
araigami
line
癒しの音楽
line
sub_line