伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」 目次 /トリスタンの殺人『伯爵令嬢シナモン1924年』 
 

伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」

小説、エッセイ、画塾

cinamon B 飛行船シルフィ― cinamon

目次 /トリスタンの殺人『伯爵令嬢シナモン1924年』 

分量(原稿用紙換算百枚強)がありますので、お忙しい方はここからご覧くださいませ。

伯爵令嬢シナモン1924年
「トリスタンの殺人」  
この事件で、「コンウォールの才媛」はデビューした。


【梗概】

物語の舞台は1924年イギリス。英国政府要職にあったレオノイス伯爵の令嬢シナモンはロンドン郊外にあった修道院で学んでいた。夏休みとなり、両親と一緒に帰郷する。夏休みの宿題の自由研究は、「レオノイス火山跡の否定」という学者顔負けの本格的な地質学的な調査だった。当時13歳であった彼女の才能はずば抜けたもので、やがて起こる事件の解決とともに、レポートの内容が公表されるや、「コンウォールの才媛」という異名がつけられる。

物語の冒頭に起きた二つの殺人事件。大富豪ジョージ・セシル氏と灯台守が、田舎町レオノイスの沖合にある二つの小島「トリスタン島」と「イゾルテ島」でつづけさまに起きたことは、小さな港町の住民を戦慄させた。どうやら、富豪の財産を狙った事件のようだ。

そんな最中、夏祭りが行われる。シナモンは、人々を励ますため、商工会の青年が監督する田舎舞台にでることになる。演目は「トリスタンとイゾルテ」。様々なバリエーションのある物語で、この地方に昔からある話から作られているという。

物語の裏側では、子供のいない故人となった大富豪が指名した十三歳の遺産相続人シナモンを暗殺する計画が進行していた。刺客が観客席に紛れ込んでいる。それを知っていて自らを囮として誘い出す少女。刺客を取り押さえるべく動き出したコンウォール警察、そしてロレンス。

銃口が向けられた。

レディー・シナモンの運命やいかに――



物語には、実在した「アラビアのロレンス」こと、第一次世界大戦の英雄トーマス・エドワード・ロレンス中佐、親日家で幕末明治の日本の目撃者となったサー・アーネスト・サトウ。第二次世界大戦ドイツの特殊任務で「欧州一危険な男」と呼ばれるオットー・スコルツェニーが登場する。



P4240159.jpg

目次

序章 パディトン駅
1 2

第1章 二つの島
3 4 5 6 7 8 9  10  11  12


第2章 男装の伶人
13 14 15 16 17 18 19 20  21 22 23 24 25

第3章 ウバティー
26 27 28 29 30 31 

終章 天使の輪
32 33




【登場人物】

レディー・シナモン/ヒロイン。ロンドンの修道院で学ぶ十三歳の伯爵令嬢。

サー・アーネスト・サトウ/元外交官・考古学者・勲爵士。「上野國の古墳」という論文で日本の考古学上の発見を紹介している。

T.E.ロレンス/「アラビアのロレンス」。アラビア人勢力による当時の宗主国トルコにゲリラ戦で挑み、トルコを中東に釘づけにし、英国国軍を欧州戦線での戦いに専念させることに貢献した。もともとオックスフォード大学卒の考古学者であり、シナモンが淡い思いを寄せている。

オットー・スコルツェニー/オーストリア出身で、後にナチスドイツで奇抜な作戦を実行し「欧州一危険な男」と呼ばれる。第二次大戦前であるこの物語ではフェンシングの親善試合のため、相棒のミューラーとともに来たということになっている。

ジョージ・セシル/田舎町レオノイス在住の大富豪。故人。沖合にあるトリスタン島で殺害されたようだ。シナモンの実家レオノイス伯爵家一門である。子がなくシナモンを娘のように可愛がっていたためか、相続人をシナモンに指名していた。

灯台守/レオノイス島に隣り合う小島イゾルテ島にある灯台を管理している。トリスタン島での殺人を目撃できる位置にあったため、舟に乗り込んだシナモンたちが事情を訊きに行くと殺害されていた。

チャールズとエディック/大富豪ジョージの従弟たち。ジョージの遺産相続をめぐって、素行に問題のあるエリーや、突然相続人に指名されたシナモンに敵意がある。

エリー夫人/ジョージ・セシルの妻。

モーガン/オーストリアで証券会社に従事しており、ジョージの同僚でもある。エリー夫人と密通している様子だ。

レオノイス城の人々/伯爵夫妻、庭師、ジョン少年、調理師夫妻、ウルフレザー家宰。

コンウォール州警察/駐在署の若い巡査。レザー警部。

オットー・スコルツェニー/頬に傷のある少年。後にナチスSS大佐となり、「ヨーロッパ一危険な男」と呼ばれる。

ミューラー/スコルツェニーの相棒の少年。


リザード城

レオノイス城から手前イゾルテ島・奥トリスタン島を望む。港が城下町となり、その奥が、かもめ岬である。

スポンサーサイト

theme : 自作小説(ファンタジー)
genre : 小説・文学

line

comment

Secret

line
line

line
Google ペイジランク
ページランク-ナビ
line
奄美剣星
line
文鳥貴族
文鳥貴族
line
最新記事
line
「怪盗めろん」

 

line
「文鳥王トリスタン」
 
line
ブクログ
line
小説家になろう
line
amazon書籍
line
アルパカ版の恋太郎です
line
映画『副王家の人々』より
副王家の一族 
line
イアリング
 ekubo
line
チャイナドレス
chainadoress
line
ポーズ
sofa
line
魯迅記念博物館
inu
line
陽だまりの乙女
usagi
line
裸婦
うつぶせのジャスミン
line
sakasu
line
打ち上げ花火をあげられる四季の風景時計
line
PC広告Amazon
line
テーブルと椅子
椅子3   
line
sub_line
プロフィール

奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)

Author:奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)
1930年前後の歴史推理小説 シナモンと素敵な旅をどうぞ

line
ranking 1
 
line
ranking 2
人気ブログランキングへ
line
置手紙
おきてがみ     
line
Twitter ぼたん
Sweetsman7をフォローしましょう
line
レッドバロン
line
検索フォーム
line
QRコード
QRコード
line
所収作品について
文献・画像等引用の場合は引用元を記載。自作小説倶楽部作品著作権は各著者に帰属。それ以外の文藝作品・絵画写真画像に関する諸権利は当該ブログ管理人に帰属。無断複写転載を禁じます。
line
カジュアルのシナモン
シナモンアップ 
line
リンク
line
マラッカ要塞
marakka
line
珈琲館の割れ甕
城南
line
地図
line
草原の乙女
sougenn
line
バー
eruhurio  
line
海へ行こう
umiheyuku2
line
祖母
  umiheyuku 1
line
洗い髪
araigami
line
癒しの音楽
line
sub_line