伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」 スイーツマンの『畜犬談』
 

伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」

小説、エッセイ、画塾

cinamon B 飛行船シルフィ― cinamon

スイーツマンの『畜犬談』

  ちゃあ

  実家の老犬が他界しましてね、母が代わりにチワワを飼いだしました。生後一歳弱の男子で、「ちゃあちゃん」と呼ばれております。室内犬です。子犬で悪戯盛り、皆で甘やかすものだから、スリッパやら座布団を食いっ散らかして、糞尿まで所定の場所以外でする始末。もちろん躾(しつけ)のため、母だって、たまに、叩くこともあります。でも行儀の悪さは日に日に酷くなっていくばかり。
.
 居間のゲージに収監されて、人間どもの食事どきにでもなれば、飛び跳ねるやらの大騒ぎです。
(あれまあ----)
.
  以下の文章は、太宰治『畜犬談』です。一読して、諧謔(かいぎゃく)と思ってましたけれど、けっこう本気でそう思っていたのでは? と考えてしまいました。
.
  私は、犬については自信がある。いつの日か、かならず喰(く)いつかれるであろうという自信である。私は、きっと噛(か)まれるにちがいない。自信があるのである。よくぞ、きょうまで喰(か)いつかれもせず無事に過してきたものだと不思議な気さえしているのである。
.
 諸君、犬は猛獣(もうじゅう)である。
.
 馬を斃(たお)し、たまさかには獅子(しし)と戦ってさえこれを征服するとかいうではないか。
 さもありなんと私はひとり淋しく首肯(しゅこう)しているのだ。あの犬の、鋭い牙(きば)を見るがよい。ただものではない。
.
 いまは、あのように街路で無心のふうを装い、とるに足らぬもののごとくみずから卑下して、芥箱(ごみばこ)を覗(のぞ)きまわったりなどしてみせているが、もともと馬を斃すほどの猛獣である。
.
 いつなんどき、怒り狂い、その本性を暴露(ばくろ)するか、わかったものではない。犬はかならず鎖(くさり)に固くしばりつけておくべきである。
.
 ----などと『畜犬談』の一節をそらんじていると、「ちゃあちゃん」は私のところにきて、枕を食いちぎり始めました。怒ったわけではありませんが、「ためならぬ」と判断しまして、頭に一撃くらわせました。(もちろん手加減しましたよ)
.
 ぎゃいんぎゃいん、ぎゃいん……。うううう。
.
 「ちゃあちゃん」は、殺されかけたといわんばかりの絶叫をしてゲージに逃げ込み、私を盛んに威嚇(いかく)しだします。
.
 それから、帰郷するたびに、母が苦笑するようになりました。
「ふだん、世話をしている私のいうことなんて、ききやしないのに、あなたが帰ってくると途端に、『とってもいい子』になるのよ」
 一撃をくらわしたのは半年以上も前のこと。あれが最初で最後なんですけれども、以来、人間の食事中は、おとなしく「伏せ」しています。私が実家にいるときだけは……。
 (やっぱり文鳥が一番可愛いですわい。ふう~っ)

.

.

コメント

.

アバター
2010/01/06 21:01
KOH 様

そんなことおっしゃって、愛している、く・せ・に。  
アバター
2010/01/06 08:59
犬の文字を嫁に変えて読んでみました。
特に意味はないのですが…。
アバター
2010/01/06 04:42
アロマロン 様

しつけがうまいといわれる私ですが、しつけるのはすきではありません。しつけが好きという人はそう多くはないとおもいますけれどね。

お忙しいところありがとうございます。
アバター
2010/01/06 01:21
きっと私もスイーツマンさんと同じく
一撃したと思いますwww♪

しつけは大切ですよねww  
アバター
2010/01/03 18:14
あさかぜ飛馬

やはり生き物を飼うということはてがかかり覚悟がいるということ。
動物が好きな人は、手のかかること自体が楽しみなのでしょうね。  
アバター
2010/01/03 18:12
きらりん様

マルチーズの心意気やよし!  
アバター
2010/01/03 12:50
蓄犬談の、太宰治の気持って良く分かるわ
昨日行った知り合いのとこでも
もらってきたばかりの子猫君に
躾をしようと、てんや わんや してました^^
アバター
2010/01/03 11:15
昔、祖父母の家で買われていたマルチーズは、祖父に叱られると、
祖父が入浴中、脱衣所に入り込み、脱衣かごに入った祖父の脱いだ衣服の上で
必ず大きい物をしでかす、という復讐をしていましたが、
祖父は、『嫌がらせのつもりなんだろうけど、どうせ洗濯する物なので、俺は困らない。
困るのはばあさんなのに、わかってないよね。やっぱりそれほど賢くないな。』と。
私は、『やるか、じじい!』っていう気概を感じていたのですが・・・  
アバター
2010/01/03 03:38
まい様

この犬の困るところは、私のいるときだけ、躾を守るというのが問題です。

猫のしつけは、かなり根気がいるようですね。
小柄な文鳥は、しつけ自体が無意味ですけれどね。 
アバター
2010/01/03 03:33
藍姫 様

いつも心優しい藍姫さんらしいお言葉。ばりばりの猫派ですね。理解してました。  
アバター
2010/01/03 03:31
らてぃあ 様

そこが犬の鼻につくところ。ゆえに犬が好きだという方も多いですけれど、犬にもちあげれても、嬉しく感じない私です。世話をしている母親より上位にされることは、道義的に、とても不快です。人間の尺度で測るのがおかしいのでしょうけれども。 
アバター
2010/01/03 03:25
咲様

お婆様に対し、そのような仕打ちをするとは。習性とはいえ、やるせないものを感じますね。

猫が好きですか。実家では、田作を行っていた時代は鼠をとる関係上猫を飼いましたが、悪戯がひどいため、もっぱら犬を飼うようになりました。番犬を兼ねています。ホームセキュリティーには入っていますけれどね。  
アバター
2010/01/03 03:19
この子犬

私が叩く必用はまったくなくなりました。私の手振りを完全に理解しているようです。絶対服従のようですね。

禿げるくらいの老犬といいますと、20歳をこえていますね? 
アバター
2010/01/03 03:14
まっきーペン様

文鳥は家族にランキングなんてつけません。餌をやる人が一番。あとは、いじめる人以外、愛嬌で、肩から肩へと飛んできます。巣を掃除すれば喜んで、藁をくわえて掃除してくれた人にプレゼントしてくれることもあります。犬猫にはない反応です。 
アバター
2010/01/03 03:10
BENクー 様

半年前の母親の小言を覚えていたら、家出するしかありませんよねえ。^^
どうもTVでながら、というのが苦手な私。スポーツは、ニュースでハイライトシーンを観るか、結果だけで十分に感じます。荒川静香の冬季オリンピック優勝のときだけはしっかりみましたけれど。 
アバター
2010/01/03 01:57
いいことをしたと、ワタシは思いますよ~^^
していいこと・悪いことは、し~~~~~っかり教えねば( ̄∀ ̄*)イヒッ

猫にはあまり、しつけは効果ないみたいで・・・困ってます。。。  
アバター
2010/01/02 22:02
誰が上とか下とか考えないので、犬の上下関係は苦手かも ^^;
確かに可愛いんですけどねぇ~ ^^;
過去の作家さんを見ると、ちょっと内に籠もる哲学者タイプ(?)は、
猫派かもしれませんね。
私も猫派です。考えなしですけど…… ^^;(あれ?

家で飼えるのは、金魚くらいです。  
アバター
2010/01/02 21:40
犬は群れの動物だから上下関係に敏感ですね。
我が愛犬には甘い私もかつて兄の柴犬には上下関係を分からせようと闘いを挑みました。
しかし、、私が兄に頭が上がらないのを奴はちゃんと知っているようでした。  
アバター
2010/01/02 16:28
我が家の愛犬「かい」(♀)も大変な暴れん坊です。
祖母が近寄るとうるさく吠え立て、母が近づくと狂喜して飛びつき、私が近づくと控えめに尻尾を振り…父が一瞥するとケージに走りこんで姿勢よくお座りします。
文鳥はいとけなくて愛らしいですね。しかし、私はもふっと抱き締められる生き物が好きなのでやっぱり一番は猫でしょうか。 
アバター
2010/01/02 15:38
まだ子犬ですから甘えん坊な時期なんですよ~^^;
でも、起こる時は、起こっとかないとね

私のとこの犬はもうおばあさんですよー。
ハゲて来てますしね(笑)

 アバター

2010/01/02 15:10
猛犬ハンター【スイーツマン】さん。
 うちの犬を・・・って、犬飼ってないんですけどね^^www

文鳥!
 あとで、yahoo検索してみますね♪www  
アバター
2010/01/02 12:28
犬は賢いですね。半年前の一撃を忘れないのですから!(私など去年の母の小言すらコロッと忘れてます。www
今、箱根駅伝見ながらの巡回…新年2日目にしてちょっとダラけ気味かも!?www  
アバター
2010/01/02 10:47
もけもけ 様

あ、あなた様は、お犬派だったのですね。警戒態勢。(伏せ)  
アバター
2010/01/02 10:46
pira 様

犬が、家族に順位をつける。なんとも露骨です。

文鳥も人に対し好きずきはありますけれど、餌をやる人が一番です。シンプル!  
アバター
2010/01/02 09:54
かかってくるだワン
  ,´ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
γ/       (~ヽ
||       Y |
し|⊂⊃  ⊂⊃ |J
 /       |
+(  ▼    ノ
 ゝ 人_  _/
   ̄~7 ̄ ̄\
/⌒,//   (`ヽ
| イノ | <⌒、} |
\_/|  \_ノ 
アバター
2010/01/02 09:53
我が家では小さい頃に一度だけ預かったことしかないんですが・・・
犬って順位をつけるらしいですね。
自分もいれて・・1位2位・・・って(ノД`◣o)
自分(犬)より下のやつのことなんか・・聞きゃしない。
スイーツマンさんはきっと上位ですね。(●´艸`)モフッ♪ こちらが・・上だってことを
しっかり解らせるのが・・しつけのこつらしいです。なるほどねぇ。

文鳥はどうなのかな?  
アバター
2010/01/02 09:46
ソラちゃんへ

犬っていやな奴ですね。みんな犬なんか飼うのをやめて文鳥を飼いましょう。可愛いですよ。 
アバター
2010/01/02 09:32
うちも実家で昔、座敷犬(マルチーズ)を飼っていましたよぉ~
犬は、家族関係をちゃんと見て、順番をつけるみたいです。
1番優位に置いた人にはちゃんと従うそうです。
で、犬自身は、だいたい下から2番目に位置していて、
家族の中で一番年が若い人を、自分の下に見るそうです。
・・・だから、ソラちゃんは1番末っ子だったので、飼い犬以下の存在で・・・
さんざん、噛まれたりして苛められてました・・。(TmT)ウゥゥ・・・

.



.
 ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※
.
ポチボタン

 

 

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログへにほんブログ村

小説・詩ランキング

人気ランキング娯楽部 ※

  http://www.blogmura.com/help/?type=h&no=12http://ping.blogmura.com/xmlrpc/b3byx262eg9q にほんブログ村 
おきてがみ
次の行まで必要
------------------------------

 

 

スポンサーサイト

theme : 自作小説
genre : 小説・文学

line

comment

Secret

こんにちわ

こんにちわ。
今日も寒いです。

太宰治はたいてい読んだつもりでしたが畜犬談は知りませんでしたね。
ほんとに恐れているようですね。相性がよくなかったのですかね。
犬好き、犬嫌いは犬もすぐわかるようですね。
犬は前に飼ったことありますがかわいいですね。
だいぶ前に亡くなりましたが今でも時々思い出します。
ちゃあちゃんも目玉大きくかわいいですね。
必殺の一撃きいたようですね。
かわいいです(*^_^*)

こんにちわ

あ、いつも読んでいただきコメント大変ありがとうございます。

No title

私も<畜犬談>って初めてでした。

一撃の手加減具合が気になりますね(笑)
きっとトラウマになるほどの一撃だったんでしょうね~

私は犬の臭いが苦手です。
ペット全般臭いがダメですね~

あははは

犬ってヤツはねぇ~、、ふう。。(笑)
しかし賢いではないですか、ちゃーんと人を見分けておるところなど。ははは
しかし、今のワンコは、人間に適した生き物になるよう品種改良されたものが多いですから、、、可哀想だといえば可哀想な気も……。
子供の頃、実家がブリーダーをやっていたので(大変迷惑な父親の趣味でありやしたが)、秋田犬とシェパードが何頭もおりましたが。わたしら子どもより数倍も利口だった犬たち。。。
普通に何処かの家で見かけていた秋田犬も今ではほとんど見かけませんね。。。まだ、純粋種は存続してるんでしょうかねぇ(海外に行くと人気があるらしいよーと友人に言われたんだけど、ほんとかな??)

Re: こんにちわ

犬はこちらのッ表情も理解できるようですね
ちゃあちゃん----私は映画グレムリンを連想してしまいます^^
手加減したはずだたのが、強烈だったのでしょうか
怪我はさせてません
かわいいような……う~む


Re: あははは

実々子様

昨日、『ダーウインがきた』をみました。大昔、人間が狼を飼い慣らして、犬に改良していったのだそうです。序列をつけるのは集団行動で狩りをするのに欠かせないものだとか。おっしゃるように気の毒といえば気の毒です。
 そうでしたかご実家がブリーダーを、そうですね秋田県みかけませんね。純粋種はいますよ。数は少なくなってます。縄文人たちが飼っていた犬に、大陸系の犬の血が加わって少し大きくなったのだとか。甲斐犬だったか、中世に闘犬が流行って中国犬を輸入してかけあわせたときいたことがあります。秋田県は原種に近かったか何段階めかだったとか、とのこと。
 

Re: No title

こちくん 様

意外とみなさんがしらないのは太宰作品としてはマイナー作のようですね。ギャグですから。

一撃の手加減具合----怪我をしていないのですから、大丈夫ですよ。

私も犬の臭いが苦手です。しかし3日一緒にいると慣れます。不思議。
line
line

line
Google ペイジランク
ページランク-ナビ
line
奄美剣星
line
文鳥貴族
文鳥貴族
line
最新記事
line
「怪盗めろん」

 

line
「文鳥王トリスタン」
 
line
ブクログ
line
小説家になろう
line
amazon書籍
line
アルパカ版の恋太郎です
line
映画『副王家の人々』より
副王家の一族 
line
イアリング
 ekubo
line
チャイナドレス
chainadoress
line
ポーズ
sofa
line
魯迅記念博物館
inu
line
陽だまりの乙女
usagi
line
裸婦
うつぶせのジャスミン
line
sakasu
line
打ち上げ花火をあげられる四季の風景時計
line
PC広告Amazon
line
テーブルと椅子
椅子3   
line
sub_line
プロフィール

奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)

Author:奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)
1930年前後の歴史推理小説 シナモンと素敵な旅をどうぞ

line
ranking 1
 
line
ranking 2
人気ブログランキングへ
line
置手紙
おきてがみ     
line
Twitter ぼたん
Sweetsman7をフォローしましょう
line
レッドバロン
line
検索フォーム
line
QRコード
QRコード
line
所収作品について
文献・画像等引用の場合は引用元を記載。自作小説倶楽部作品著作権は各著者に帰属。それ以外の文藝作品・絵画写真画像に関する諸権利は当該ブログ管理人に帰属。無断複写転載を禁じます。
line
カジュアルのシナモン
シナモンアップ 
line
リンク
line
マラッカ要塞
marakka
line
珈琲館の割れ甕
城南
line
地図
line
草原の乙女
sougenn
line
バー
eruhurio  
line
海へ行こう
umiheyuku2
line
祖母
  umiheyuku 1
line
洗い髪
araigami
line
癒しの音楽
line
sub_line