伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」 第4回/トリスタンの殺人 『伯爵令嬢シナモン1924年』
 

伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」

小説、エッセイ、画塾

cinamon B 飛行船シルフィ― cinamon

第4回/トリスタンの殺人 『伯爵令嬢シナモン1924年』

2012年4月校正『伯爵令嬢シナモン』更新開始


伯爵令嬢シナモン1924年
「トリスタンの殺人」 

第1章 二つの島(2) 

 岬に近い海上には二つの島があった。トリスタン島とイゾルテ島である。二つの島の名前トリスタンとイゾルテは中世の騎士物語にちなんだものである。イゾルテは、現地でイゾートと発音するのだがドイツのワーグナーの歌曲によってこちらのほうが日本では馴染み深いため、物語中でも、ドイツ語音訳を用いたい。
 十三歳の貴婦人シナモンが望遠鏡で二つの島を代わる代わるのぞいたが人影はない。若い調理師夫妻の夫も望遠鏡をのぞいたがやはりみつけられない。
「ねえジョン、人が殺されたっていうのはトリスタン島? それともイゾルテ島?」
「トリスタン島だよ、姫様。男の人が棒で、もう一人の男の人を後ろから殴ったんだ。殴られた人が崖から海に落ちたんだ」
「おいっ、ジョン、エイプリル・フールはとっくに過ぎているぞ」
「本当だってばシェフ、信じてよ」
 ジョンと呼ばれた少年の祖父が、「ジョンが正直者であることはシェフ、あんただって知っているだろう?」と文句をいった。調理師の妻も、「そうよあんた、決めつけちゃ駄目さ。ともかく駐在さんに報せましょうよ」と加勢した。
 若い調理師は頭を掻いてから大きくうなずいた。
「判った。姫様、ひとっ走りいってきます。ジョンも来い」
 早速、二人はかもめ岬の丘から麓の町へ駆け下りていった。
 サー・アーネスト・サトウは、同じように望遠鏡で二つの島をのぞいてみたが、人影は確かにない。かもめ岬に近いトリスタン島は無人島だ。望遠鏡で眼を凝らさなくても、目のいい人ならば岬から丸見えである。人殺しなどあればすぐに判ってしまうだろう。犯人はこちらがみていることに気づいて、すぐに崖の反対側に隠れたというのか? それならいずれ、ボートが島影から出てくるはずだ。
 町の駐在はジェイという若い巡査である。調理師と少年は、ボートでジェイ巡査とともにトリスタン島に漕ぎ出し、シナモンたちがいるかもめ岬にたどり着いたときは、もう夕刻になっていた。巡査はシナモンたちに敬礼してから、少年の肩に手をやった。
「やはり島には、人が殺されたような痕跡はみつかりませんでした。自分もジョンが正直者であることは知っております。しかし何かの見間違いということもあるでしょうから……」
 少年は傷ついたようで涙目になっている。
 サトウ卿が提案した。
「今日はもう遅い。明日また調べてみるといいだろう」
 捜査も、シナモンの自由研究の調査もその日は終了したのだった。老勲爵士は、シナモンの父親の友人で少しの間シナモンのところに厄介になることになっている。シナモンの実家はかもめ岬の南側で、入り江に臨んだレオノイス港を挟んだ向こう側の城ノ岬にある。城ノ岬の断崖には、文字通り中世風の城館が築かれている。その城館がレオノイス城。シナモンの実家である。
 若い調理師は実に段取りがよく、昼までに夕食の下準備をしてしまうためシナモンの宿題につきあう余裕があるのだ。しかしサトウ卿の来訪については当主のレオノイス伯爵が、若い調理師に一言告げるのを忘れたため、調理師夫妻は、帰ってきてから宴の支度でてんやわんやとなり、伯爵は若い調理師にご機嫌をとるため上等なワイン・ボトルを一本贈ることになったのである。
 サトウ卿の姓は、スラブ人の一派で東ドイツに住んでいたゾルブ人のものである。父親がイギリス・ロンドンに渡って、英国女性と結婚して生まれた。若いときに日本に訪れ、幕末・明治における激動の時代を外交官として過ごした経緯がある。姓が日本のものに酷似しているため、日本では洒落て、佐藤愛之助と名乗った。妻は日本人・武田兼である。
 城館を訪れた老勲爵士は、そんなレオノイス城の住人たちをことごとく好きになった。




リザード城

レオノイス城から手前イゾルテ島・奥トリスタン島を望む。港が城下町となり、その奥が、かもめ岬である。

Link→ Mother Blog/ 伯爵令嬢シナモン『飛行船の殺人』
スポンサーサイト

theme : 自作小説(ファンタジー)
genre : 小説・文学

line

comment

Secret

No title

トリスタンとイゾルデは、オペラの名として
聞いた事がありますが、

実際、無人島として存在するんですか?

jizou様

トリスタンとイゾルテは、ゲルマン神話起源といわれ、
やがて、ケルト伝説に取り込まれます
中世となり、吟遊詩人がイングランドを発信源に、フランス、ドイツへと逆に伝えてゆきます
非常にたくさんのバリエーションが生まれました
亜流がシェイクスピアのロミオとジュリエット、他方本流がワーグナーの同名オペラになりました


町や島は架空のものです 本物と偽物をまぜてます ペコリ

No title

お戻りになられるまで、ぽちぽちと読ませていただきますね。
ブリティッシュミステリーは好きなので(アガサを筆頭に)パディトン駅など、馴染みの地名やブリティッシュらしい描写など楽しみながら拝読させていただいてます。
line
line

line
Google ペイジランク
ページランク-ナビ
line
奄美剣星
line
文鳥貴族
文鳥貴族
line
最新記事
line
「怪盗めろん」

 

line
「文鳥王トリスタン」
 
line
ブクログ
line
小説家になろう
line
amazon書籍
line
アルパカ版の恋太郎です
line
映画『副王家の人々』より
副王家の一族 
line
イアリング
 ekubo
line
チャイナドレス
chainadoress
line
ポーズ
sofa
line
魯迅記念博物館
inu
line
陽だまりの乙女
usagi
line
裸婦
うつぶせのジャスミン
line
sakasu
line
打ち上げ花火をあげられる四季の風景時計
line
PC広告Amazon
line
テーブルと椅子
椅子3   
line
sub_line
プロフィール

奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)

Author:奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)
1930年前後の歴史推理小説 シナモンと素敵な旅をどうぞ

line
ranking 1
 
line
ranking 2
人気ブログランキングへ
line
置手紙
おきてがみ     
line
Twitter ぼたん
Sweetsman7をフォローしましょう
line
レッドバロン
line
検索フォーム
line
QRコード
QRコード
line
所収作品について
文献・画像等引用の場合は引用元を記載。自作小説倶楽部作品著作権は各著者に帰属。それ以外の文藝作品・絵画写真画像に関する諸権利は当該ブログ管理人に帰属。無断複写転載を禁じます。
line
カジュアルのシナモン
シナモンアップ 
line
リンク
line
マラッカ要塞
marakka
line
珈琲館の割れ甕
城南
line
地図
line
草原の乙女
sougenn
line
バー
eruhurio  
line
海へ行こう
umiheyuku2
line
祖母
  umiheyuku 1
line
洗い髪
araigami
line
癒しの音楽
line
sub_line