伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」 朔太郎の詩
 

伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」

小説、エッセイ、画塾

cinamon B 飛行船シルフィ― cinamon

朔太郎の詩

 

  『伯爵令嬢シナモン3』の登場人物となっております萩原朔太郎の詩をご紹介します。この人は群馬県前橋市の医者の長男に生まれ、裕福な家庭で少年時代をおくります。根っからの詩人でなにをやらせても長続きしない。けれど詩だけは高く評価され40歳くらいのときに上京します。
 朔太郎は、江戸川乱歩の愛読者で、のちに親交を結びます。
 そんな朔太郎の詩を一つご紹介いたしましょう。 

.

殺人事件
.

とほい空でぴすとるが鳴る。
またぴすとるが鳴る。
ああ私の探偵は玻璃(はり)の衣装をきて、
こひびとの窓からしのびこむ、
床は晶玉、
ゆびとゆびとのあひだから、
まつさをの血が流れてゐる、
かなしい女の屍体のうへで、
つめたいきりぎりすが鳴いてゐる。

.
しもつき(11月)はじめのある朝、
探偵は玻璃の衣装をきて、
街の十字巷路(よつつじ)を曲がつた。
十字巷路に秋のふんすゐ。
はやひとりたんていはうれひを感ず。

.
みよ、遠いさびしい大理石の歩道を、
曲者(くせもの)はいつさんにすべつてゆく。

.
.
.
 朔太郎の詩の師匠って北原白秋なんですよ。
 私は、長野県小諸市中棚荘という温泉が好きで、何度か宿泊しました。名誉なことに、北原白秋がいつも休憩していたというお部屋に泊まらせていただきました。そこで朔太郎からきた手紙を読んだのでしょうかねえ。
 朔太郎の手紙です。
.
 前橋S倶楽部探偵本部は目下活溌に活動中。……飛行船長メランコリイ氏ハ昨夜七時薬価ヲ横領シテ失踪セリ。
.
S倶楽部前橋支部内萩原プロノヤ
.

 朔太郎の探偵趣味は有名で、大正モダンニズムに染まって、友人知人にこのような手紙を送っていたのだとか。コアなドロシー・ブレイヤーがみたときの反応が容易に想像されますよね。
.
 ホテル・ロビーにて、家宰と執務をとるドロシー博士の横に佐藤と中居の二人が立った。
「どうなさいました佐藤さん?」
「朔太郎さんから預かりました。博士にぜひ読んで戴きたいとのことです」
 ドロシー博士は封書を開いて朔太郎の詩を目で追った。
.
 ぶぶっ。
.
 (朔太郎さん、無反応じゃなかったよ。よかったね)
.
 ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※ 
.
後記
.
 帰省したスイーツマンはコタツにもぐってばかりいる。「猫か?」 いや待て、猫と人間との違いとは何なのだろうか?
 猫になって以来、すっかりと哲学に目ざめた。
 我が輩は佐藤である。名前はまだない。

 .
 ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※ 
.

コメント 

アバター
2009/12/31 13:13
さなな  様

この詩いっぺんをみると、なにやら、と考えさせられますけれど、
朔太郎の詩全体をみると、実は、軽いのりのジョークのような詩だとわかります。
洒落っ気ですよ。どちらかといえば即興詩のような感覚ですねえ。  
アバター
2009/12/31 13:10
なんか深く考えされるような詩ですね 
アバター
2009/12/31 04:00
藍姫 様

朔太郎はこの手の詩が好きでいくつか類似したものをかいています。
暗号ですか。まあ、小説の引用には有効かなあとは思っています。

猫佐藤がまったりしているのは、嵐の前の静けさですねえ。 
アバター
2009/12/30 23:01
その詩には、何か基になるものがあるのでしょうか?
実は 暗号……だったりして ^^

佐藤さん、まったりしていますねぇ。
猫になったら、冬はコタツで丸くなる習慣がついたのでしょうか ^^  
アバター
2009/12/30 18:44
BENクー様

次回はでるようにお祈りします。  
アバター
2009/12/30 18:27
いつもコメントありがとうございます。
トラさんのTシャツが出ません。(お見せできないのが残念です・・・w  
アバター
2009/12/30 16:04
ソラちゃんへ

この探偵は、明らかに朔太郎のお友達である江戸川乱歩の明智小五郎をイメージしてますよね。
「晶玉の床」は霜か氷の比喩でしょうけれど、乱歩の『パノラマ島』を彷彿とさせます。  
アバター
2009/12/30 10:03
殺人事件の状況が目に浮かびました。
被害者の哀れなこと・・・、そしてまた加害者も寂しく哀れなこと・・・。
探偵のやるせない気持ちが伝わってきました。

アルファポリス、見てきましたよぉ♫♩♬
トップのトップですね!!
おめでとうございます。\(o⌒∇⌒o)/  
アバター
2009/12/30 06:56
洒井しのぶ様

やっぱり、人に認めてもらえるということは嬉しいことです。
どうせなら、毎日載せてくれればいいのに。ついでに全面にして。(コラコラ)  
アバター
2009/12/30 06:53
朔太郎作品って、絶版ではないのですけれど、店頭に並んでいないときがあります。
図書館でも、小さな自治体だとそろいきってなかったりします。

私は血行がいいらしく、足さえ温めると全身に血がよくまわるようで、風邪をひきません。
そこだけは自慢。(えへん、ぷいぷい)  
アバター
2009/12/30 06:47
洒井しのぶ 様

きいたことがあります。
何ゆえに佐藤が、一人哲学問答をしているのか、後日に物語りは明かされます  
アバター
2009/12/30 06:45
BENクー様

お大事に

おちゃめな作品ですね。
朔太郎は私小説のようなもの『猫街』を描いています。シュールです。  
アバター
2009/12/30 06:43
もけもけ 様

おちゃめで、商売としての詩作も心得た人と感じます

そこが個性というものでしょう

いってらっしゃいませ  
アバター
2009/12/30 06:41
川島芳子 様

司馬遼太郎『坂の上の雲』にあるように
近代文学史は面白いものがありますよね。  
アバター
2009/12/30 00:57
 こんばんは。
 アルファポリスみてきました。( *´艸`)
 おめでとうございます! オメット(o´・ω・`)σ)Д`)プニョプニョ  
アバター
2009/12/29 23:07
同じ群馬県民だった朔太郎さんの詩、はじめて読みました///
何か詩自体プロの人のをみるのはほぼ初めてで、不思議な感じですね^^
比喩なのかな、やっぱりそういう意味なのかな(うーん
とにもかくにも詩が見れてよかったですv

実家オコタにハマり中なのですね(笑
そのまま寝ないように気をつけて?//
僕も明日帰省しますが、実家はオコタがあるのでぽかぽかこたつむりになりそうです(汗  
アバター
2009/12/29 21:57
 今日は詩を書く日なのでしょうかね。もけもけさんのところでも詩を読んだなぁ(笑)
 猫と人間の違いですか……チンパンジーと人間はDNAがわずか一箇所だか二箇所しか違わないんだとかって言いますよね。
 猫とはどれだけ違うのだろうか……え? そういう話じゃない? 失礼しました。[壁]∀`)
 (あれ? また後記にコメントしてるぞ……)

アバター

2009/12/29 20:40
久しぶりにスイーツマンさんの文体を拝んだ気持ちです。(この2日間、半ば意識朦朧でしたので。ww
朔太郎の詩にはどこか異世界の感じが漂っているので、探偵小説に心酔している様子が茶目っ気たっぷりに出ているように思えてなりません。(この人が書いた推理小説というのを読んでみたい気がします!飛びすぎて訳分かんなくなりそうですけど・・・  
アバター
2009/12/29 19:56
朔太郎さんってお茶目な方だったんですね。
それとも、凝り性だった?

あ、後者かな。

いつも変ったことばっかりスパイスに入れたがるもけとは
違いますね。

それでは、間もなく出発します(^o^)丿  
アバター
2009/12/29 18:16
作家(それも現代でなく近代)同士の交流というものに
わたしはとってもひかれます。
なんていうか、異次元の世界っていうか
知と知の交流にとても憧れるのです。

なので、そういった手紙などを読むのが大好きだったりします。
最近あんまり文章を読まなくなったので
新年の抱負として、スイーツマンさんの小説をはじめ
どんどん本を読んでいきたいと思います^^

来年もよろしくお願いしますー^^
 
アバター
2009/12/29 17:58
閻幻の風魔王

シナモンに対するコメントよりもあなたの合格のお知らせがききたいところ。
シナモンのコメントはそれからでもいいですよ。

プレゼント、まあ気持ちだけね。ほんと。
コメントを
アバター
2009/12/29 17:42
そろそろ受験で忙しいのでシナモンが読めませんでした。
というより読めないのが残念です・・・。

プレゼント有り難うございます。

.
 ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※ 
.

 

せ、先輩、ルパンだあ~っ!

 

中居、クリックだけはするな。ブログを盗まれるぞ。

↓ 

.

.



.
 ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※
.
ポチボタン

 

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログへにほんブログ村

小説・詩ランキング

人気ランキング娯楽部 ※

  http://www.blogmura.com/help/?type=h&no=12http://ping.blogmura.com/xmlrpc/b3byx262eg9q にほんブログ村 
おきてがみ
次の行まで必要
------------------------------

 

 

スポンサーサイト

theme : 自作小説
genre : 小説・文学

line

comment

Secret

おはようございます

おはようございます。
天気はいいですが今朝も冷えます。

荻原朔太郎、当時の相当な「非国民」ですね(*^_^*)
詩はだいぶ読んだつもりでしたがこれは知りませんでした。
なかなかいい詩ですね。
正直なところ中原中也と一緒であまりすばらしいとはおもわなかったのですが、これは言葉使い、イメージほんとにいいですね。
白秋が師匠だったのですね。
遊び人同士気があったかもですね(*^_^*)
実物の朔太郎の手紙見られたのですね。
佐藤にゃんこ、今度は哲学ですね(*^_^*)

狼皮のスイーツマンさんいつも読んでいただきコメント大変ありがとうございます。
触発されました(^_^;)
今度は林の若殿を書いてみたいと思います。

Re: おはようございます

朔太郎は実に多くの実験をしていますねえ。この詩は江戸川乱歩に触発された者でしょう。
 朔太郎関連の書籍は少なくなりました。図書館で数冊みつけてつかってます。北原白秋がよくあそびにきた中棚荘主人と白秋は友人だったとかで、温泉掘削の手伝いにもきたとのことです。
 そうですか林忠崇を書かれますか。私も現地にいって取材してきたので、ニコッとで以前書いた記事をこちらへ転載しようと考えてました。最近、殿は、じわじわ人気沸騰ですね。戊辰参加当時19歳ですよね。若いですよ。
line
line

line
Google ペイジランク
ページランク-ナビ
line
奄美剣星
line
文鳥貴族
文鳥貴族
line
最新記事
line
「怪盗めろん」

 

line
「文鳥王トリスタン」
 
line
ブクログ
line
小説家になろう
line
amazon書籍
line
アルパカ版の恋太郎です
line
映画『副王家の人々』より
副王家の一族 
line
イアリング
 ekubo
line
チャイナドレス
chainadoress
line
ポーズ
sofa
line
魯迅記念博物館
inu
line
陽だまりの乙女
usagi
line
裸婦
うつぶせのジャスミン
line
sakasu
line
打ち上げ花火をあげられる四季の風景時計
line
PC広告Amazon
line
テーブルと椅子
椅子3   
line
sub_line
プロフィール

奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)

Author:奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)
1930年前後の歴史推理小説 シナモンと素敵な旅をどうぞ

line
ranking 1
 
line
ranking 2
人気ブログランキングへ
line
置手紙
おきてがみ     
line
Twitter ぼたん
Sweetsman7をフォローしましょう
line
レッドバロン
line
検索フォーム
line
QRコード
QRコード
line
所収作品について
文献・画像等引用の場合は引用元を記載。自作小説倶楽部作品著作権は各著者に帰属。それ以外の文藝作品・絵画写真画像に関する諸権利は当該ブログ管理人に帰属。無断複写転載を禁じます。
line
カジュアルのシナモン
シナモンアップ 
line
リンク
line
マラッカ要塞
marakka
line
珈琲館の割れ甕
城南
line
地図
line
草原の乙女
sougenn
line
バー
eruhurio  
line
海へ行こう
umiheyuku2
line
祖母
  umiheyuku 1
line
洗い髪
araigami
line
癒しの音楽
line
sub_line