伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」 第30回/夢世界アマミ国日記(30/33)
 

伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」

小説、エッセイ、画塾

cinamon B 飛行船シルフィ― cinamon

第30回/夢世界アマミ国日記(30/33)

脳細胞融解系小説
夢世界アマミ国日記
奄美剣星
第30回


王様の胴体を噛み砕こうとした巨大ピラニアを横からはじき飛ばしたのは意外な人物だった。ピラニアに対抗するほどの大きさをした搭乗型ロボット、漆黒の鉄蜘蛛。八本脚のうちの前脚の一つは剣と機銃を装着している。

機銃の弾丸が雨あられとなってピラニアの顔面に撃ち込まれていく。弾かれたぴラニアは地面に落ちた。「水しぶき」というよりは、液状化した土がしぶきをあげているのだ。

「マサムネ!」

叫んだ桃太郎も驚天動地を目の当たりにしたような顔をしている。

「裏切ったのか?」

「裏切る? 定期的に巡りくる『王様のいない八年』に、邪神『神君』を召喚し好き放題をやらかしてきた海賊・桃太郎。おまえが『神君』を呼び出すこのときを待っていたのだ。まとめて一網打尽にしてくれる」

「白い文王と卿が初めから仕組んだ罠だったというのか?」

「そういうことだ――」

地面に落ちたピラニア「神君」は、水中を泳ぐかのように地中を遊泳していた。地面には背びれだけをのぞかせ、僕らの足元を、猛スピードで駆けめぐる。やがて、そいつは鉄蜘蛛の脚に噛みつくとそのまま地中に引きずり込んでしまった。

マサムネ公は切り替えが早い。非常レバーをひいて座席ごと宙空に脱出。やはり鉄蜘蛛に乗っていた近習五名が阿吽の呼吸で飛び上がり、甲殻装着・六星合体DATEOTOKOとなった。

「父上、この場はわれらに、お任せあれ。諸悪の根源、桃太郎めをお討ち下さい」

「判った」

王様が、白いスーツの内側から、ゴールドカードを取り出し天空にかざす。するとホンダのスクーター、ブラックホールのような空間の穴から駆けてきた。王様が跳び乗る。

燕衆たちが、頭上から『浮遊樹』のサーフボードと二つと、プロペラ枝を落とした。二枚のサーフボードにはシルフィーと蘭丸がそれぞれ跳び乗り、つづいてプロペラ枝には僕が跳び乗った。

桃太郎の背後にいた天邪鬼たちが、主人を守ろうと王様の率いる「解放軍」に攻めかかった。上空にいた燕衆と妖精たちは、特効薬「王様の涙」の入った瓶の栓を抜いて、おもいきり、ふりかける。

五百はいるであろう。逃げる桃太郎の盾になった天邪鬼たちは妖精に姿を変え、今度は逆に桃太郎を追い立てだした。

桃太郎は双支刀を風車のように回転させて、立ち塞がる妖精たちを蹴散らし、ホテルフロントに駆け込んだ。王様のスクーターが後に続いた途端、中に入ると、シャッターが落ちた。

「桃太郎は?」

シルフィーが答えた。

「アマミ・トンネルから、桃源国に脱出する気だ」

「空から峠を越えて追う?」

「駄目だ。重厚な自動防空システムがある。トンネルからしか後を追えない」

「どうやったら、トンネルに?」

「トンネルに空気を送るファンがある。直径三十メートルのたて穴だ。くぐっていけば先回りできる」

後方のスキー場ゲレンデでは、雪上で燕衆や妖精、それにDATEOTOKOが巨大ピラニア「神君」と格闘していた。加えて王国防衛隊の隊長と旗持ちが大立ち回りをしている。上空にいたシルフィーと蘭丸、それに僕の三人は送風ファンのある山の中腹に飛んだ。

スポンサーサイト

theme : 自作小説(ファンタジー)
genre : 小説・文学

line

comment

Secret

line
line

line
Google ペイジランク
ページランク-ナビ
line
奄美剣星
line
文鳥貴族
文鳥貴族
line
最新記事
line
「怪盗めろん」

 

line
「文鳥王トリスタン」
 
line
ブクログ
line
小説家になろう
line
amazon書籍
line
アルパカ版の恋太郎です
line
映画『副王家の人々』より
副王家の一族 
line
イアリング
 ekubo
line
チャイナドレス
chainadoress
line
ポーズ
sofa
line
魯迅記念博物館
inu
line
陽だまりの乙女
usagi
line
裸婦
うつぶせのジャスミン
line
sakasu
line
打ち上げ花火をあげられる四季の風景時計
line
PC広告Amazon
line
テーブルと椅子
椅子3   
line
sub_line
プロフィール

奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)

Author:奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)
1930年前後の歴史推理小説 シナモンと素敵な旅をどうぞ

line
ranking 1
 
line
ranking 2
人気ブログランキングへ
line
置手紙
おきてがみ     
line
Twitter ぼたん
Sweetsman7をフォローしましょう
line
レッドバロン
line
検索フォーム
line
QRコード
QRコード
line
所収作品について
文献・画像等引用の場合は引用元を記載。自作小説倶楽部作品著作権は各著者に帰属。それ以外の文藝作品・絵画写真画像に関する諸権利は当該ブログ管理人に帰属。無断複写転載を禁じます。
line
カジュアルのシナモン
シナモンアップ 
line
リンク
line
マラッカ要塞
marakka
line
珈琲館の割れ甕
城南
line
地図
line
草原の乙女
sougenn
line
バー
eruhurio  
line
海へ行こう
umiheyuku2
line
祖母
  umiheyuku 1
line
洗い髪
araigami
line
癒しの音楽
line
sub_line