伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」 伯爵令嬢シナモン3 「修道院島」第1章15
 

伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」

小説、エッセイ、画塾

cinamon B 飛行船シルフィ― cinamon

伯爵令嬢シナモン3 「修道院島」第1章15

 

前回までの粗筋
.
 1920年代末。群馬県での殺人事件容疑者となる竹久夢二。知人の萩原朔太郎は、佐藤記者を介して、レディー・シナモンに捜査を依頼する。シナモンの一行は手分けして捜査を開始。事件関係者を結んでいくと捜査線上に戊辰戦争で活躍した林忠崇という元大名が浮かびあがってきた。
.
主要登場人物
. 
レディー・シナモン……英国伯爵令嬢・考古学者。「コンウォールの才媛」の異名がある。
ドロシー・ブレイヤー……米国考古学者。日本古代建築・古代ガラス工芸研究者。短期雇用契約で伯爵家執事に収まった。
佐藤と中居……雑誌『東京倶楽部』の記者とカメラマン。
.
伯爵家の老家宰スイーツマン・ウルフレザー。奔放な画家で容疑者の竹久夢二。群馬の詩人萩原朔太郎(はぎわら さくたろう)。朔太郎の妹萩原愛子(はぎわら あいこ)。群馬県警長尾警部。女郎宿の店主「高崎の老人」(隼人)。車夫豆吉(士族、吉之助)。女郎の、殺人事件被害者の黒岩梅。暗殺された阿片商人大和屋太(やまとや ふとし)。請西藩元藩主林忠崇(はやし ただたか)
.
  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※
.
 朝の陽ざしが榛名湖畔からは榛名小富士という火山丘を照らしている。ベーコン・エッグと紅茶の朝食をすませて、シナモンたち一行は、請西藩元藩主林忠崇のいる山荘まで歩いた。そう遠く離れているわけではない。
.
 湖に臨んだ浜には、二人の老人が槍の修練をしてる姿があった。隻眼の老人は、奇声とともに槍をくりだした。すると、もう一人の老人が、ふわり、と宙を舞って返してくる。
.
 ……修練を終えた二人は、互いに一礼すると、横にきていたシナモンたちを一瞥した。両者とも長身で筋肉質だ。一人は、〈高崎の老人〉隼人、残る一人が林忠崇である。
 〈高崎の老人〉は右肩の筋肉が異様に発達しているため不格好で、顔面には縦についた刀傷がある。
 対する林忠崇は左右に均整のとれた体躯をしており、穏和そうな風貌だ。
 中居が佐藤に耳打ちした。
.
 ----どうみても還暦前だ。……先輩、林忠崇卿といったら、戊辰戦争のときに二十歳くらいで、いまは八十くらいでしょ。〈高崎の老人〉と年齢がほぼ同じくらいだときいていました。
.
 ----鍛えあげると人は老いにくくなるようだな。
 やりとりを訊いていた家宰と朔太郎の兄妹はなるほどとうなづいた。
.
 ドロシー博士が、シナモンを連れて、〈高崎の老人〉の前にくると、厳しい顔をしていたその人の顔が和んだ。
「どうした、〈アメリカの女侍〉? 高崎から追ってきたのか? 殿もわしも昔はもてたものじゃが、口説くには少し遅かったようだぞ」
 そういって、ドロシーのことを忠崇卿に紹介した。続けて、
「そちらのお嬢さんは?」
 と訊いた。
 深縁帽子を被った白いドレスの貴婦人が、スカートの両裾を軽くつまんで会釈した。
.
 ----ザ・ライト・オノラブル・レディー・シナモン・セシル・オブ・リザード。シナモンだけでもさしつかえありません。
.
「ほう、イギリスのご令嬢か」
 忠崇卿がはにかんだ。笑みを浮かべても瞳の奥にはどこか鷹のように鋭いものがある。 
 シナモンは、川原から数メートルの高さがある〈軍艦島〉の崖を、黒岩梅の遺体を抱えて一人でよじ登った犯人像を、二人の老人に重ねてみた。(どちらが犯人でもおかしくない)と感じたのだった。
.
 ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※
.
後 記
.
 本日は休暇だ。朝七時、スイーツマンの部屋にはパスタとベーコンしかない。オリーブ油にベーコンを炒め、塩・胡椒・バジリコをからめて食うらしい。----朝からパスタにしたのは洒落ているからではなく、単に買い物に出かけるのが嫌いなオタク野郎である……ということにほかならない。
.
 猫がパスタを食ったら喉につかえさせて踊るのだろうか?
 我が輩は佐藤である。名前はまだない。

(《どこまでも》つづく)
.
 ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※
.
コメント 
アバター
2009/12/28 02:49
おっしゃるように油断なりませんよ。手強いです。はい裏はあります。まだ第1章ですので。

佐藤にマカロニ。う~む。やたらとあいそうです。実をいうと佐藤って佐藤浩一がモデルだったんですよ。内緒の話。(←どこが……)
村上春樹がお好きでしたか? けっこう村上○という女性ファンがいらっしゃるので、買いましたけれど龍のほうをかってしまいまいた。「初春や 虎はすりぬけ 龍の夢」などと一句。またぼけてしまいました。(土下座)  
アバター
2009/12/27 23:33
油断ならない気配を漂わせる壮健な老人二人…どちらかが犯人だとすると、これは手強いですね。
しかし、まだ裏があるような気がしてしまうのは勘繰りすぎでしょうか?

パスタと聞くとつい村上春樹を思い出してしまいます。
佐藤氏にはパスタではなくマカロニなど如何でしょうか? 
アバター
2009/12/27 21:38
探り合い。そうですねえ。
全員が実在の人物をモデルにしていますのでけっこう話が作りやすいです。モデルに関しては追ってお話していいこうと思います。シナモンの最大級のモデルである姫君のお話もふくめて……。

パスタ、下のレシピにレタス・玉葱・トマトを加えたのが私の好物です。  
アバター
2009/12/27 20:17
探り合うような視線の応酬。
姫様にもご老人達にも、相手の見た目に惑わされないで本質を見抜く鋭さを感じます。
姫様は、あくまでソフトな印象なのに不思議です ^^

パスタ、いいですねぇ~ ^^
明日はパスタにしてもらおうかなぁw  
アバター
2009/12/27 18:53
例えば、限られたスペースだけの調査区で、シミのようにみえる遺構は、はじめはなんだか判りません。遺物や周辺データをまとめて、そのしみが何であるかイメージします。いくつかの候補を考えて、掘削していき、真実に詰め寄っていくというわけです。ま、たしかに、プロといわれる人の中にも、終始思いこみで完結してします場合も否定できませんけれどね。もちろんシナモンはありません。正統派ヒロインですから。^^

パスタ、それは奇遇ですねえ。楽しい偶然です。  
アバター
2009/12/27 18:39
毎日鍛錬をしていると老いのスピードは弱まるんですね。
「どちらが犯人でも…」第一印象というのはなかなか抜けないものですが、姫様はどうなんでしょう?
今後の展開が気になります。

今日はお昼にパスタを食べました♫偶然ですよ(笑)  
アバター
2009/12/27 13:25
酒井しのぶ様

あ、また後書きのコメントだけする人がきた~  ^○^

よし、後書き廃止----誰もコメントかかなくなったりして。(全滅  ’O’)  
アバター
2009/12/27 13:09
 あたしもお昼はパスタにしようっと(笑)
 
 買い物は面倒ですからね……(*´∀`)
 うーん、大掃除がいつまで経っても終わらない。終わらないというか、進まない。進まないと言うか……はじまらない。
 猫の手も借りたいとはこのことでしょうか。シュガーちゃん、うちに遊びにおいで。  
アバター
2009/12/27 10:46
ソラちゃん へ

それはまだ、ひ・み・つ。  
アバター
2009/12/27 10:43
BENクー様

鋭い! 梅の扱いはちょっと違いましたが、かなり近い筋をたどっている気がします。

漱石の『猫』が、餅をのどにつまらせて踊ったシーンがあったのを思い出しましたもので。

風邪ですか。体調不良なのにこんなに書いて戴いてありがとうございます。  
アバター
2009/12/27 10:27
梅のお爺さんが、新遊撃隊の頃に何かあったのでしょうか・・・。
アバター
2009/12/27 10:00
藩主の槍の相手をする隼人老人。体を張って時代を歩んできた人間の凄みを感じるシーンです。
この人たちに梅が殺されたとすると、被害者によほどの悪意があったと思われてなりません。
PS…パスタを喉に詰まらせてヒゲを掻く姿が目に浮かぶ。www
スイマセン。今日は体調不良ため早々に退らせていただきます。(フぅ…バカもたまには風邪を引くんです。ww  
アバター
2009/12/27 09:53
もけもけ様

まったく~ ^^ )  
アバター
2009/12/27 09:45
バジリコですか~。
チーズと合って、おいしそうですね。

オリーブオイルなら、ニンニク(なければ粉末でもいいでしょう)
と唐辛子(なければ一味とかでもいいでしょう)で、簡単ペペロンチーノなんかも
いいかもしれませんね

あ、本編も毎回ちゃんと読んでいますよ
ただ、後記の方に感想を書きたくて、ね(#^.^#)

.
 ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※
.

せ、先輩、ルパンだあ~っ!

 

中居、クリックだけはするな。ブログを盗まれるぞ。

↓ 

.

.



.
 ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※
.
ポチボタン

 

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログへにほんブログ村

小説・詩ランキング

人気ランキング娯楽部 ※

  http://www.blogmura.com/help/?type=h&no=12http://ping.blogmura.com/xmlrpc/b3byx262eg9q にほんブログ村 
おきてがみ
次の行まで必要
------------------------------

 つづきをみる

 

スポンサーサイト

theme : 自作小説
genre : 小説・文学

line

comment

Secret

おはようございます

おはようございます。
今朝もとても冷えます。

さすが林の殿様老いたりとはいえ、風格と気品はすごいものですね。
その年まで鍛えることも忘れず。
ますます好きになりました。
「殿もわしも昔はもてたものじゃが、口説くには少し遅かったようだぞ」じじいにしては洒落てます。
シナモン嬢にもひけをとらないようですね。(*^_^*)

狼皮のスイーツマンさん、いつも読んでいただきコメント大変ありがとうございます。

KOZOU様

 林忠崇は九〇過ぎまで生きます。そのころの写真があり、みましたとこどうみても還暦前、五〇代にみえ、とてもダンディーな貴紳でした。若者のかっこよさとは違い、年輪を重ねた義に熱い戦士と貴族の風貌は格の違いを感じさせます。

 隼人は、以前コメントを戴いた『白水物語』「超人ハヤトの伝説」のハヤトがモデルとなっております。同名の方が請西藩士で遊撃隊隊員にもおります。前橋藩からの脱藩義勇兵は、小田原で輸送船定員の問題があり、各藩からかけつけた脱藩義勇兵の大半が、彼の地で解散となります。実際には、「殿」と行動をともにしません。フィクションですので、隼人を戊辰磐城戦争までつきあった前橋藩出身の元遊撃隊士としました。
 なお、元請西藩士とその子孫が士族として描いていますけれども、請西藩士全員は、明治政府によって平民におとされ、士族の籍ではないようです。その仕打ちが逆に彼らを純粋な意味での「義士」と感じさせます。


 こちらこそ毎度よんで戴きありがとうございます。
line
line

line
Google ペイジランク
ページランク-ナビ
line
奄美剣星
line
文鳥貴族
文鳥貴族
line
最新記事
line
「怪盗めろん」

 

line
「文鳥王トリスタン」
 
line
ブクログ
line
小説家になろう
line
amazon書籍
line
アルパカ版の恋太郎です
line
映画『副王家の人々』より
副王家の一族 
line
イアリング
 ekubo
line
チャイナドレス
chainadoress
line
ポーズ
sofa
line
魯迅記念博物館
inu
line
陽だまりの乙女
usagi
line
裸婦
うつぶせのジャスミン
line
sakasu
line
打ち上げ花火をあげられる四季の風景時計
line
PC広告Amazon
line
テーブルと椅子
椅子3   
line
sub_line
プロフィール

奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)

Author:奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)
1930年前後の歴史推理小説 シナモンと素敵な旅をどうぞ

line
ranking 1
 
line
ranking 2
人気ブログランキングへ
line
置手紙
おきてがみ     
line
Twitter ぼたん
Sweetsman7をフォローしましょう
line
レッドバロン
line
検索フォーム
line
QRコード
QRコード
line
所収作品について
文献・画像等引用の場合は引用元を記載。自作小説倶楽部作品著作権は各著者に帰属。それ以外の文藝作品・絵画写真画像に関する諸権利は当該ブログ管理人に帰属。無断複写転載を禁じます。
line
カジュアルのシナモン
シナモンアップ 
line
リンク
line
マラッカ要塞
marakka
line
珈琲館の割れ甕
城南
line
地図
line
草原の乙女
sougenn
line
バー
eruhurio  
line
海へ行こう
umiheyuku2
line
祖母
  umiheyuku 1
line
洗い髪
araigami
line
癒しの音楽
line
sub_line